2005年12月31日

カウントダウン

 ども、2005年分の部屋の片付けは2006年までかかることが確実のAZです(笑)。
 そうなんですよー、まだ部屋の片付け終わらないんですよ。少しずつは片付けてはいるんですけど、同時に少しずつ散らかっていっているので片付きません。一気にやれよ。
 2005年も皆様のおかげで無事終える事が出来そうです。2006年も是非このブログともどもAZを宜しくお願い致します。

 さて、まもなく1年の中で、「『今年の』紅白どっちが勝ったの?」と聞く事が出来る至極の15分(P.M.11:45〜A.M.0:00まで)がもう少しでやってきます。とりあえず誰かに聞いてみてはいかがでしょうか?
posted by AZ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

責任放棄宣言都市

 (引用開始)

★「無防備都市攻撃」発言:条例制定請求の市民ら、撤回求める−−大津 /滋賀

・19日の大津市議会総務委員会で「平和・無防備都市条例」の審議の際、政新会の
 園田寛市議が「無防備宣言したまちがあれば攻撃してみたい」と発言したことに対し、
 制定を直接請求した市民団体「無防備地域宣言をめざす大津市民の会」は20日、
 市議や会派などに謝罪や発言の撤回を求める申し入れを行った。

 「市民の会」は申し入れで、「市議の発言は審議内容とは無関係の好戦的なもので
 命を軽視するもの」などとして、撤回などを求めた。
 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shiga/news/20051221ddlk25010520000c.html

※市民団体ブログより引用
・園田寛議員は、委員会最終の会派代表としての意見表明の中で、無防備条例を否定する
 ために、あろうことか「(無防備地域は)格好の攻撃材料である。私であっても、なんか
 そういうところがあれば、攻めてみたい」と暴言を吐きました。武装していない地域は、
 攻撃し殺すという好戦論丸出しの論理です。会場の傍聴に来ていたPTA会長から、
 「あなたの言っていることは、下校中の無防備な女の子は襲うということと一緒だ」と非難の 声があがりました。
 ttp://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/

 (引用ここまで)

 市議の発言はもう少しうまく発言すればよかったかなぁとは思うが概ね間違っていない。
 と言うか無防備を宣言しようとしている人たちが「攻撃してみたい」と言われたことに対して反論するのがおかしい。攻撃するかしないかは相手に任せるんだから攻撃するぞと言われても反論は出来ないはずなんだけども。無防備ならば反論なんかせずに「どうぞ攻撃してください」と言わねばおかしいだろう。まあ、ダブルスタンダードはサヨクのシングルスタンダードで、今に始まったことではないが。
 それにしても人権人権とうるさい人権利権屋さんたちですが、今幼い子供が各地で犠牲になっていると言うのに、「あなたの言っていることは、下校中の無防備な女の子は襲うということと一緒だ」とは遺族のことなんか全然考えていませんね。まあ、人権屋さんにとって大事なのはサヨクと加害者の人権だけですけどね。
 ちなみに無防備宣言をしたところは歴史上いくつかあります。ドレスデンやマニラ、ハイチが有名ですね。そしてその無防備宣言をした都市がどうなったかも有名なところです。
 ちなみに、
>「あなたの言っていることは、下校中の無防備な女の子は襲うということと一緒だ」
 と言っていますが、下校中の女の子は無防備ではないし攻撃されれば抵抗はします。ただその抵抗力が残念ながら弱いから事件に巻き込まれてしまうわけです。ですので防犯ベルや防犯スプレーと言う『武装』をしたり、集団下校であったり、大人や地域社会という『同盟国』が必要なわけです。仮に女の子が無防備宣言をしたら今起きている惨劇は防げていたのでしょうか。

 もし無防備を宣言して無事でいられるのならば…
 『津波に対して無防備宣言』。岸壁も作らない。避難マップも作らない。高台に避難しない。
 『地震に対して無防備宣言』。家の補強工事をしない。耐震設計で偽造があっても補強しない(笑)。家の家具を固定しない。地震が起きても机の下にもぐりこまない。
 『スライダーに対して無防備宣言』。ピッチャーがスライダーを投げてもバットを振らない。
 『シュートに対して無防備宣言』相手のFWがシュートを打っても取りにいかない。
 『連立二次方程式に対して無防備宣言』。連立二次方程式の問題がでても思考しない。勿論勉強もしない。
 …とこれだけのことをすれば津波は来ないし地震は起きないしあいてピッチャーはスライダーを投げないし相手FWはシュートを蹴らないし先生は連立二次方程式の問題は出さない事になるわけですね。なんて素晴らしいんでしょう。これは早く無防備宣言をしなければ。

 …戯言はこのぐらいにしておいて、ネットでこんな書き込みを見つけました。

 (引用開始)
では無防備都市宣言を行っている都市に、敵国が軍隊率いてやってきた場合どうなるか。

ジュネーブ条約追加第1議定書59条第2項により
「敵対国に占領されるために開放されている地域」とみなされ無血占領される。

ハーグ陸戦条約48条および49条により
「占領地区において占領者は、軍事的必要性のために課せられた税、課徴金、料金を徴収することができる。」
同条約51条
占領軍の士気維持(という軍事的必要性)のため、
「占領軍が徴発するよ」と書かれた紙切れ1枚で占領地住民の財産略奪おk〜

同条約52条
「占領軍が必要なら、徴発または労役を占領地の住民または自治体に課してもおk〜。」
占領軍の士気維持(という軍事的必要性)のため、慰安所を作る為に自治体に婦女子の供出を強要してもおk〜。
拒否したら、「占領軍が労役を課すよ」と書かれた紙切れ1枚で、占領軍が無差別に慰安所に放り込む事になる。
 (引用終了)

 まるで北朝鮮(笑)。まあ、北朝鮮のような国にしたい人たちはこれでいいのかもしれないが、あたしは今の日本が好きだし地元が好きだし民主主義は大事にしたいし人権や言論の自由も大事にしたいのでこんなことにならないように抵抗はしますが。
 それにこの無責任都市宣言をしたい人たちはまず自分の家の鍵を常に開けたままにしておき、トイレと風呂の窓を透明にして、暴行されても抵抗せず、殴られても逃げず、子供を校門も撤廃して警備員もいなくして『いかなることが起きようとも抵抗しませんし警察にも言いません』と宣言した小学校に子供を入学させて、警察もなくしてからものを言うべきかと。それにしても無防備宣言をしようとしている人たちがこのことぐらいに反論するとは。
 ちなみに日本のすぐ近くには下校中の女の子を拉致するような国家があるのですが。それとも無防備宣言をしていなかったから拉致されたのですか?

 まあこの人たちが目指すものは平和ではなくて宗主国様が日本を占領しやすい状態にすることなんでしょうけども。

 それにしてもこの無防備宣言ってのはある意味たった一枚しか販売されないけどその一枚が必ず一等が当たる宝くじみたいなものだね。無防備宣言をした時点で攻撃や占領を宣言すればその時点で億単位の予算と何万人と言う人間を得られるのだから。もし無防備宣言が決まればその占領を狙って何人もの人が殺到するでしょうね。まあ、どのように攻撃を宣言すれば占領できるのか分かりませんが。仮に市役所で手続き(笑)と言うのであれば何日も前から市役所の前に並ぶでしょうし、宣言の日の役所の手続き開始と同時に多くの人がどっかの神社で年に一回ある神社に一番乗りを目指して男たちが全力で走る行事みたいに役所の中になだれ込むでしょうし、電話で受付と言うことであればSMAPがあなたのリビングでコンサートを5,000円でしてくれる権の電話受付よりも殺到するでしょうね。或いは整理券が配られたりとか。で抽選だったり。もし役所で受付であれば正面から突撃するより裏口とかトイレの窓からのほうが早いことを探り当てていた人が一番に窓口に辿り着いたり。で、その後不正が発覚して権利を取り消されたり(笑)。
 まあ、冗談ではありますがでも攻撃を『宣言しただけで』得られるものにしてはあまりにも大きすぎる気がします。まあそれ以前に地方都市が国防の権限と義務を侵犯していいはずありませんけどね。
 あ、それともサヨの人たちは無防備宣言をさせておいて自分で攻撃を宣言して占領し、北朝鮮や、韓国、支那あたりに献上するんでしょうか。

 …こんな人たちには外患誘致罪の適用を出来ないものなのでしょうかね。
posted by AZ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

壮大な釣り?

 2ちゃんでタイトルを見ただけでぶっ飛びました。

 (引用開始)

<中国>前原民主代表の「軍事力脅威」発言に反論

 民主党の前原誠司代表が中国の軍事力について「脅威を感じる」と述べたことに対し、中国の秦剛外務省副報道局長は13日の記者会見で「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」と反論した。秦副局長は「昨年の中国の軍事費は256億ドルだが、日本はその約1.62倍だ」と強調した。
(毎日新聞)

 (引用終了)

 …これは支那が国家規模で全世界に釣りを仕掛けようとしているのでしょうか?とすればその釣りは大成功に終わったと言うことなのでしょうが。とは言えこれだけのネタ、釣りだと分かっていても反応しない訳にはいかないでしょう。そしてこれが釣りじゃなくて本気かも知れないところが支那の恐ろしいところ。

 それは置いておいて軍事費に関してですが、これはもう物価の違いでしょう。
 例えば銃が1丁100円の国と1丁10円の国があり、前者が日本。後者が支那です。日本は銃を1丁持っています。つまり軍事費は100円です。支那は銃を9丁持っています。軍事費は90円です。日本のほうが『軍事費は』高いです。さてどちらが脅威でしょうか。
 あと勿論人件費の違いもありますね。日本は一人に100円。支那は9人に90円。
 そして何より世界が脅威を感じるのは軍事費の多少ではなくて、その武力がどのような意思目的で、どのような体勢をとっているかなのです。いつ暴発するか分からない北朝鮮や、支那のように日本に届くミサイルを常時20発も照準を日本に合わせて構えている国などはその最たる例ではないでしょうか。
posted by AZ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

前哨戦?

 WBC(ワールドベースボールクラシック)の日本代表メンバーが決まったらしい。30人のメンバーの中に我がロッテの選手が8人も選ばれたとか。確かに日本一のチームだし、選ばれた選手の名前を見れば納得。我がロッテの選手が多く選ばれて単純に喜んでいたが、2ちゃんを見てこの様な書き込みがあった。ロッテの選手を8人も選んだのは王監督の策略だと。キャンプ終盤と言う時期にロッテの選手を8人も離脱させて使い潰してしまう為だと言うのだ。まあ、考えすぎではないかとは思うが、若しかしたら…という疑念は完全にはぬぐえない。
 思い起こせば以前近鉄とオリックスの合併など球界再編の嵐が吹き荒れた時、ダイエー(当時)とロッテの合併話も浮上してきた。その時王監督は記者に聞かれてこう答えた。

 「ロッテなんかと一緒になったって」

 ロッテの選手なんか同じチームになったって必要ない、使わない、使えない。そういう意味だと思っていたのですが。それなのに今回は8人も招集ですか。…やはり何か意図が?
posted by AZ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

今週の壁紙

 と言うことであたしが今壁紙に設定している画像がこちら
 この壁紙の作者のサイトはこちら
 宜しかったら是非どうぞ。
posted by AZ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

おすすめリンク

 ここからリンクしているおすすめのブログ、サイトについて。
 今日はgoriさんの『Irregular Expression』。
 ここは政治経済など、社会的なニュースや事件についての考察や解説が非常に詳しく掲載されているところです。
 事象と言うものが原因や理由などによって導かれる必然的なものであるとしたら、goriさんはその原因、理由と言ったものを非常に詳しく探して来てデータとして提供してくれます。テレビや新聞で「何故だ何故だ」と騒いでいる時に、「このようなデータがあります」、と客観的な数字やデータ、情報を提供してその上で自分の考察を述べています。その話はとても論理的で客観的で、今まで上るのに苦労していた壁を、理由、証拠、データと言う階段でいとも簡単に登らせてくれます。
 goriさんに切り込まれたらその相手が反論できない所まで追い続けます。マスコミが忘れかけた(或いは意図的に逃げようとしている)事でも忘れずに指摘し続けていっています。マスコミお得意の書き逃げは許しません。非常に痛快な指摘ですので楽しみながら読む事ができると思います。お勧めですのでぜひ訪れてみて下さい。
posted by AZ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。