2006年03月22日

そんな事を言うから

 (引用開始)

 秋以降に日韓再戦を希望 韓国野球委

 【ソウル22日共同】韓国野球委員会(KBO)の辛相佑総裁は22日の平和放送のラジオ番組で、プロ野球シーズン終了後の10月以降に日本で再度、日韓戦を行いたいとの考えを示した。
 辛総裁はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本が優勝したことについて「実質的には2対1(2勝1敗)で韓国に負けたと、日本もよく分かっている」とした。また、開催時期の気候的な問題から「(韓国には)ドーム球場がないために(再戦は)日本の意思が重要」と述べた。

 (引用終了)

 せっかく韓国の選手が頑張ってそのレベルが決して低くない事を証明したのに(まあ、ドーピングなどもあったけども)、

>「実質的には2対1(2勝1敗)で韓国に負けたと、日本もよく分かっている」

なんて言うからその健闘も無駄になっちゃうんだよなぁ。日本が韓国に負けたのは予選のリーグ戦。日本が韓国に勝ったのはトーナメント戦。だから日本のほうが順位は上。それで終了じゃない。韓国のレベルが上がっていることは(同時にマウンドに韓国の国旗を立てたり試合終了後にイチローにボールを投げたりとそのマナーというかメンタリティも)世界も分かったと思うけどね(まあ、ドーピング発覚後に今まで日本と接戦で勝っていたのが急に0−6で完璧に負けたのは何でなのか不思議だが(笑))。
 韓国の健闘は十分賞賛に値すると思う。だから自分で自分の価値を下げるような事はしないほうがいいと思うんだけどねぇ。
posted by AZ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

タウリン1000r

 (引用開始)
・TBSは「個人情報については、厳重管理するように徹底します」とコメントしています。
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20060315/20060315-00000035-ann-soci.html
・同局広報部は「関係者に迷惑をかけたことを深くおわびします」とコメントした。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060315-00000085-mai-soci

・TBS系の人気番組「さんまのスーパーからくりTV」の元アシスタントプロデューサー(AP)のパソコンが「Winny」の暴露ウイルスに感染し、番組出演タレントの住所や連絡先とみられる
 個人情報や、「ご長寿早押しクイズ」に出演したお年寄りたちの住所一覧など、大量の内部情報が流出していたことが15日、分かった。官公庁などで相次いだ情報流出が、ついにマスコミにも伝染した。

 今回、流出したのはフロッピーディスク47枚分ものファイルで、番組内部情報のほか、元APの公私を含めたメール、元APが他局も含めて放送局などへ提出したとみられる企画書、イベントの情報、旅行の写真などが含まれている。
 恐るべきことに、その中には、視聴者の個人情報に加えて、うつみ宮土理さん(62)、関根勤さん(52)、浅田美代子さん(50)、渡辺正行さん(50)の自宅住所や電話番号とみられる情報も含まれていた。TBS関係者28人分のメールのほか約150人分のメールアドレス334通の内容などがあらわになっている。
 加えて、約150人の視聴者から寄せられた人生相談の内容と電話番号も流出した。

 流出させた元アシスタントプロデューサーの女性「そんなにパソコンは詳しくないので情報を流出させたという認識はなかった」「普段はノートパソコンを使用している。夫に聞いたらウィニーを使っていたようなことを話していたが、普段は自分しかパソコンを使わないはずだったが…。
 私はウィニーを頻繁に使っているというわけではない。ウイルスに感染すると情報は消去できないのですか」と憔悴した様子。(抜粋)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_03/g2006031508.html

 (引用ここまで)

 今の時代いったいフロッピーディスクの利用率がどのくらいなのでしょうか。あたしは使っていますが。
 フロッピーディスク47枚分ものファイル、と言いますが、フロッピー1枚1.44メガバイトとして、かける47で67.68メガバイトですか。まあ、流出したのが動画とか画像ではなく、個人情報などですから、おそらくWordやメモ帳などの形式で60メガですから結構な量なのでしょうが、フロッピー47枚分ものって言われると、タウリン1000rと一緒でなんか数字を多く見せかけた表現のような気がしてなりません。まあ、CD-ROM0.09枚分とか、DVD-ROM0.015枚分と言われてもパソコンを扱わない人にはピンとこないでしょうけどね。
 ウィルスで怖いのは(Winnyが怖いわけじゃない)自分では気をつけていても今回のように他の人が使ってウィルスに感染してしまうと言う事ですね。パソコンを共有して使っている人は特に気をつけましょう。そしてパソコンに詳しい方の人の言う事をよく聞く事(今回はご主人の方もあまり詳しくなさそうですが)。
posted by AZ at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

対策?

 最近Winnyを媒介とした情報流出問題が非常に大きく取りざたされている。今日のNHKでも取り上げていた。
 実際自衛隊、警察、学校、保険会社などさまざまな場所から情報が流出している。それはウィルスの仕業である。
 ところが。
 マスコミから流れてくる言葉は、「Winnyの被害」「Winnyの対策」。ちょっと待って欲しい。情報を流出させているのはウィルスである。Winnyはウィルスを媒介させているに過ぎない(それはそれで問題だが)。つまり対策すべきはウィルスであって、Winnyではない。例えばWordを使って広がるウィルスがあるとしてWord被害とか、Excelを媒介としたウィルスがあったからと言ってExcel対策とか言うだろうか。問題なのはウィルスなのである。中にはWinnyの使用を控える事が対策だと言っている人もいるようだが、それを言えば包丁をなくす事が殺人事件の対策か、マッチをなくせば放火事件の対策かと言えばそうでないのと同様で、Winnyを使わなければそれでLove is OKと城島君のようになる訳ではないのだ。

 勿論ウィルスがWinnyを通じて広がっている以上対策を取るのは当然だが、Winnyをスケープゴートにするのは筋違いである。例えばよく言われていることだが私用のパソコンと仕事のパソコンを分ける。これだけで流出したときのダメージは激減できる。セキュリティソフトは当然入れる。怪しい実行ファイルは開かない。インターネットを使う以上自衛するのは当然の事である。一般生活でも家に鍵をかけたり防犯ブザーを持ったりするのと同様、インターネット上でも安全に気を配らなければいけないのだ。

 何やら安倍官房長官もWinnyに対して言及していたみたいだが、何度も言うが大事なのはWinnyを使わないことでなく、Winnyを使ったときの安全対策をしっかり取る事である。交通事故が危険だからと言って車を使わないのが最善の策かといえばそうではない。当然自衛隊や警察などが情報流出に細心の注意を払うのは当然の事である。公務のデータを私用のパソコンで使わないようにすることなどは必要である。パソコンの台数が足りないためにやむを得ず私用のパソコンでも仕事をこなしているならばそのためのパソコンの購入は必要経費であろう。それよりも情報が流出したときのほうが被害はもっと甚大である。だがだからと言ってWinnyの使用そのものをさせないように誓約書を書かせるなどと言うのはやりすぎだと思うのだが。私用のパソコンで公務をしないと言う誓約書なら納得できるのだが、じゃあWindowsのプログラムの脆弱性をついたウィルスやプログラムが現れたら(と言うか実際にあるが)Windowsの使用をさせないようにするのだろうか。そうじゃないだろう。
 Winnyの作者を見せしめのように逮捕しておきながら、自らそのソフトを使って情報を流出させているのは最早滑稽ですらある。更には作者は京都府警とWinnyのこれ以上のバージョンアップはしないと言う誓約書を交わしているらしく、作者は流出したファイルを削除する技術はあると言うが、そのバージョンアップができないでいると言う。本末転倒も甚だしい。

 繰り返しになるがWinnyには何の罪もないと思う。問題はウィルスである。対策を取るべきはウィルスであって、Winnyをスケープゴートに仕立て上げるのは警察の仕事でもマスコミの使命でもなんでもない。
posted by AZ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

よき前例に

 (引用開始)

東京高裁(原田国男裁判長)は8日、東京の私鉄・西武新宿線の満員電車で女性に痴漢を
したとして強制わいせつ罪に問われた東京都中野区の男性会社員(43)に対し、
無罪の判決を言い渡した。
懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役2年)とした一審・東京地裁判決を破棄した。

男性は「03年10月22日朝、西武新宿線新井薬師前―高田馬場間の電車の中で、
女子高校生(当時16)の下着の中に手を入れるなどした」として起訴されたが、
一貫して無罪を主張していた。
原田裁判長は「女子高校生が被害に遭ったのは間違いないが、女子高校生の証言は
男性を犯人とするには足りない」と述べた。
車内で男性は女子高校生の右後ろに立っていた。男性は「自分の後ろにいた外国人風の男が
犯人の可能性がある」と主張していた。
原田裁判長は「その可能性も退けられない」と男性側の言い分を認めた。
そのうえで、「警察がずさんともいえる再現実験で、外国人風の男の場所からは手が
届かないと決めつけ、被害者を誤って誘導した可能性がある」と指摘。
「本来なら起訴に至らなかった事案ではないか。(起訴されて生活苦に陥った)
男性の苦難を考えるとき、慎重の上にも慎重を期した捜査が必要だ」と警察・検察を批判した。

[朝日新聞]2006年03月08日15時12分
http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY200603080277.html

 (引用ここまで)

 またもや痴漢冤罪事件ですが、今回は珍しく無罪判決が出ました。判決内容を読んでもらえればほぼ全面的に納得できる内容です。特に、

>「警察がずさんともいえる再現実験で、外国人風の男の場所からは手が 届かないと決めつけ、被害者を誤って誘導した可能性がある」と指摘。「本来なら起訴に至らなかった事案ではないか。(起訴されて生活苦に陥った)男性の苦難を考えるとき、慎重の上にも慎重を期した捜査が必要だ」と警察・検察を批判した。

 とここまで踏み込んで警察と検察を適切に批判したのは画期的とすら言えるでしょう。ただ残念な事にこの男性の人生はたとえ今回無罪判決が出ようとすでに狂わされています。自称被害者女性が「あれは嘘でした」とでも言わない限り完全に世間からは白には見てもらえません。今回の民主党の嘘メール問題のように、たとえ民主党が完全に謝罪したとしても武部さんの次男がもしかしたらグレーかも、と思われているのと同じです。男性をよく知っている人であれば「あの人がそんな事をするはずがない」と信じてくれるかもしれませんが、よく知らない人であれば「もしかしたらやってるんじゃないの?」と思われていることだってあるかもしれないのです。そんな人にいくら無罪判決が出たと言っても「もしかしたら…」と言う疑念はぬぐいきれません。男性は完全な名誉回復が図られない限り一生そういった偏見の目で見られ続けながら生きていかなければいけないのです。

 ただその場合の民事訴訟や刑事告訴ですが、残念ながらその訴えが認められたケースは稀です。加害者に仕立て上げられた男性がどんなにひどい境遇に陥ったとしても自称被害者に賠償を命じたりするケースは殆どありません。今回のような良識と常識と正しい知識がある裁判官に痴漢冤罪事件で二回続けて巡り合うケースは殆どないのが現状です。今回の男性がそうなって欲しくはありませんが、大抵の場合、痴漢冤罪の被害にあった男性は肉体的にも精神的にも経済的にもぼろぼろにされ(ある事件では自称被害者女性が「勃起した陰部を押し付けられた」と言う証言をしたため、加害者とされた男性の陰部に注射をして無理やり勃起させ、それが事実かどうか検証したそうです。しかもその注射は非常に激痛がするものでそれが20回も行われたそうです)、そして裁判で辛うじて無罪を勝ち取ってもあとは保障してくれません。一方自称被害者はどうなのかと言えば、当然一人…いやその家族や友人、同僚のことを考えればもっと多くの人間の人生をめちゃくちゃにしておきながら何の賠償をする事もなく、謝罪すらすることなしにのうのうと暮らしているのです。

 勿論本当の痴漢、痴女犯罪は許されざるべき犯罪です。『本当の』被害者がショックを受けたとすればその苦痛たるや如何ほどかと思います。その時はできるだけ被害者の方に勇気を振り絞っていただき、そして周りの人も助けてあげて欲しいと思います(ただ「この人痴漢です」と女性が言ったからってすぐに決め付けるのは危険ですが。「女性が勇気を振り絞って言っているんだから間違いないだろう」と言うのは冤罪を生み出す第一歩です。特に裁判官がこんな主観で判決を言い渡しているのだから恐ろしい)。ただ痴漢と痴漢冤罪は性質が異なるものです。例えるならば、町中に一万円札が道路も見えないほどばら撒かれていて、他の人たちが我先を争って懐に入れている時に、果たして自分はどうするのか、と言うようなものです。確かに懐に入れるのはいけない事である。だが目の前に一万円札が無数にあり、それを拾いたいと言う衝動を抑えられるか、と言う事です。痴漢や痴女と言うのは街中を歩いている人を触るのではなく、あの満員電車という、ある外国人に言わせれば「クレイジーな」場所と言う極めて異常な状態で起こる犯罪です。つまりさっきの一万円札が無数におちている状態です。勿論、だからと言ってやっていいとはなりません。たとえやりたい、拾いたいと言う衝動が沸き起こってもそれを理性で抑えるのが人間です。例えどんなに犯罪が起きやすい状況にあろうとやっていいと言う事にはなりません。ですが、予め刃物を用意して人を切りつけたり、男性を痴漢だと言って示談金をふんだくろうとする犯罪とは性質が異なるものだと思います。
 勿論何度も言いますが痴漢や痴女がいいとは言いません。決して許してはいけません。ただ行き過ぎた自称被害者保護が正しいとも思いません。痴漢事件も普通の事件と同じく、懇切丁寧に証拠を集め、コツコツと論理を積み重ね、疑わしきは罰せずの民主主義、法治国家における大原則を守り通せば、男性にも女性にも不要な被害がこれ以上広がるのは防げるのではないでしょうか。痴漢も痴漢冤罪事件も、男性も女性も幸せにはしません。
posted by AZ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

有名か?

 最近テレビを騒がす言葉に「セレブ」と言う言葉がある。
 曰く、『六本木セレブ』、『IT社長のセレブ夫人』、『セレブの私服拝見』。
 …誰も知らねーよ。見たことねーよ。セレブって、ハイソ(古いか?)とかお金持ちとか上流階級とかと勘違いしていないか?
 セレブっていうのは元々はCelebrity。つまり有名人。マリア・シャラポアとかヒルトン姉妹とかマドンナとかユマ・サーマンとかアンジェリーナ・ジョリーとかの事であって、一般人のことではない。あたしは世事に疎いのもあるのかもしれないが、今テレビでセレブセレブと騒がれている人は殆ど知らない。おそらく有名人ではないはずだ。なのにテレビで説明されるときはセレブ。今もテレビで『セレブ』と紹介されていた人が20人くらい出てきていたが、誰一人として知らない。と言うかセレブと紹介されている割には有名人らしい扱いではなかったな。お笑い芸人が『セレブ』の人20何人のうち何人笑わせられるか、と言った企画で、どちらかと言えばその他大勢的な扱いでしかなかった。これって本当にセレブ(有名人)か?
posted by AZ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

相性

 この外付けDVD±RWドライブを持っているのだが、ノートPCのHDDでは本来の書き込み速度が出ないそうだ。大体4倍弱程度しか出ない。
 パソコン付属のDVDスーパーマルチドライブは8倍速で焼けるのだが、相性の悪いメディアがあって、そのメディアを焼くときだけこの外付けで焼きたかったのだ(8倍速対応のメディアを4倍速しか認識しない)。外付けのドライブは一応8倍速と認識はしてくれるのだが、実際の書き込み速度が4倍弱しか出ないのだ。8倍に慣れちゃうと4倍って結構遅いのよね。
 この外付けドライブがノートPCだと本来の速度が出ないと言うのは、どのメーカーの外付けドライブでもそうなのでしょうか?
posted by AZ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。