2006年11月23日

上手いね

 (引用開始)

言わせず、含めた「非核4原則」認めない…中川会長

 自民党の中川政調会長は23日、岐阜市で講演し、自らが提起した日本の核保有論議に党内外から批判が出ていることについて、「最近は、(核兵器を)作らず、持たず、持ち込ませず、言わせずの『非核四原則』と言うそうだ。私は非核三原則は認めるが、四原則は認めない」と反発した。

 さらに、「議論もしては駄目だという人がいるのであれば、今度は五原則で『考えさせず』となることを恐れる」と指摘し、「日本を侵略させないために何ができるか考え、最大限努力する必要がある」と論議の必要性を重ねて強調した。

 中川氏は8日の講演では、米中間選挙の結果や北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の行方を見守る必要があるとして、核保有に関する発言は当面、控える意向を示していた。
(読売新聞)
 (引用終了)


 今の時代にまるで敵性語追放みたいな事が行われている。核に関する議論はすることすらまかりならん、更には考える事すらしてはいけない、と言うのだ。恐ろしいね。
 でもそういえばそもそも非核三原則って言うのも敵性語追放に似ているのではとふと思った。「持たない、作らない、持ち込ませない」と言う時点で思考停止しているのだ。それから先は議論も考える事もまかりならんみたいな風潮がある。非核三原則の堅持に賛成している人が80パーセントもいるそうだ。これは、議論して、思考して、シミュレーションして、検討して、熟慮して、そして結果、国民のためには持たないほうがいい、作らない方がいい、持ち込ませないほうがいい、と言う結論に達した、と言うのとはおそらく意味が違うのだろうと思う。最初から結論ありきなのではないか。つまり完全な思考停止だ。
 あたし自身も今現在は持たないほうがいいと思うし、作らない方がいいとおもうし、持ち込ませないほうがいいとは思っているが、それは持つよりも作るよりも持ち込ませるよりも国益にかなっていると思うからであって、決して非核三原則のせいで思考停止している訳ではない。もし国益にかなうのであれば実験や所持も考えていいと思う。単純に言えば持たないために日本だけでなく他国の人も大勢死ぬ事になるのであれば、もし持っただけで死ぬ人がいなくなるのであれば持つこともあっていいと言う事だ。勿論使う必要はない。
 最近では核を持たないことが目的になっている人が躍起に議論をつぶそうとしているみたいだ。本来国会議員の目的と言うのは、国民の安全、生命財産を守るためであって、核を持たないことが目的なのではない。どうせ持たないなら、徹底的に議論してし尽くして、そして納得して持たないほうがいいと思うのだが。
posted by AZ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

テポドンやノドンみたいな

 (引用開始)

中国中央テレビによると、中国の胡錦濤国家主席は12日、中華民国建国の父、孫文の生誕140周年を記念する大会で「祖国の完全統一の実現は中華民族の根本的利益だ」と演説し、台湾独立に断固反対する考えを強調した。

さらに「(中台双方の)中国人は『一つの中国』の原則の下、誠意をもって向き合い、両岸関係の発展を推進できる」と指摘、台湾側に統一を呼び掛けた。大会は北京の人民大会堂で開催された。

>> NIKKEI NET 2006/11/12[23:35] <<
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061112STXKA026812112006.html

 (引用終了)

>誠意をもって向き合い
 

 誠意と言う名のミサイルでしょうか。
posted by AZ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

驚きはしない

 ただ呆れるだけ。

 (引用開始)

 asahi.com

鳩山・民主幹事長、麻生外相の罷免要求

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日、都内での会合であいさつし、自民党の中川昭一政調会長や麻生外相の核保有論議について「核を何らかの形で国の安全保障に結びつけようと議論することに大変憤っている」と批判した。さらに「唯一の被爆国として、世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければならない日本の外相がこういう発言をすることに心から怒りを持つ」と述べ、外相の罷免を要求する考えを示した。

 (引用終了)


 議論すら許さないのは民主党のみならず社民党共産党などサヨの普通の行動。議論して、結果今は核が必要ない、となる事すら認めていない。結論ありき、思考停止である。
 あたし個人も今現在は核装備の必要は無いと思っている。ただそれは唯一の被爆国だから、とか、単なる核アレルギーからではなく、持つより持たない方が国益にかなうと思っているからだ。だから今現在は私は核武装に反対である。ただ、議論自体は大いにしたほうがいいと思う。でなければ持たない事のメリットが見えてこないからだ。核は必要ない、その理由は無い、終わり。では持たない事のメリットが無いではないか。

 また核武装の議論自体が相手をけん制する事にもなる。それは結局持たないと言う結論が出たとしてもだ。例え持たないと言う結論が一度出ても、局面が変われば持つかもしれない、と相手に思わせることができる。

 そして何より、言論の自由を叫んでおきながら、自分たちとは異なる意見を言う自由は無い、と言う人間が政治家でい続けることのデメリットは確実に大きい。
posted by AZ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。