2007年05月22日

差別反対

 (引用開始)

高校駅伝「1区」は外国人留学生ダメ 高体連決定

 全国高校体育連盟(高体連)は22日東京都内で理事会、評議員会を開き、来年の京都市での全国高校駅伝競走大会(男子7区間、女子5区間)から男女ともに外国人留学生の1区(男子10キロ、女子6キロ)起用を禁止することを決めた。各都道府県の予選にも同様の規則が適用される。

 近年、特に男子ではケニア出身の留学生が最長の1区に起用され、序盤から大きくリードする展開が続いている。駅伝の魅力のひとつである競り合う展開が少なくなり、関係者や一般のファンから批判の声が上がっていた。

 今回の措置について高体連の梅村和伸専務理事は「1区で大きく外国人留学生がリードし、ファンなどから『まったく興ざめだ』などというおしかりの声が殺到しており、建設的に検討を重ねた結果、今回の措置になった」と話した。

 駅伝の外国人留学生の出場については、95年から1チーム1人と定められている。昨年の大会では男子は出場した留学生5人のうち4人が1区に起用された。

 http://www.asahi.com/sports/update/0522/TKY200705220376.html

 (引用終了)


 これがプロの勝敗が第一の世界だったら分かりますよ。外国人枠が無ければ巨人あたりは外国人とFAで獲ってきた日本人の大物だけでチームを作って優勝して喜んでいそうだし。でも外国人を先発で使ってはいけないとか4番打者にしてはいけないとかと言う無茶なルールは無いはず。
 ところがこの駅伝大会って言うのはあくまでも学生による教育の一環ですから、外国人だからという理由でその権利を奪っていいものかどうなんでしょうかね。これが国会議員とか都道府県知事とかであれば国籍条項があるのは当然ですが、学習の場において外国人を排他的に取り扱う理由も無いと思うのですがね。勿論日本の歴史を教えるのにやたらと特定アジアの歴史観を植えつけるのもどうかと思いますがね(笑)。
 何か考え方が古いんですよねぇ。古いこと=悪いこと、では無いですが、今回のは時代に逆行と言うか悪い意味で日本的排外的排他的なやり方でちょっといけ好かないですね。


>駅伝の魅力のひとつである競り合う展開が少なくなり

 だったら選手に他の選手と1メートル以上離れて走ってはならない、一番遅い選手にあわせて走らなければいけないと言うルールを作ればいいじゃないですか。ゴールまで47チームが競った状態ですよ。そんなの面白いですか?結果的に選手が全力を出して競った状態になるのなら勿論面白いと思いますけどね。でも競った展開ありきでその結果に過程を何とかあわせようとしても無理があると思うんですけどね。結果が素晴らしい感動をもたらすのは素晴らしい過程があってのことですし。その過程に何らかの作為があっては結果もなんか意図的に作られた結果と言う気がして興ざめですね。
 駅伝ファンとしては非常に残念な決定です。…こういうファンの声は黙殺なんでしょうかね。
posted by AZ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

次のファシズムはファシズム反対の声とともにやってくる

 (引用開始)

「憲法改悪反対」「参院選で改憲勢力に審判を下そう」の唱和が国会周辺に響き渡ります。
 改憲手続き法の強行に抗議し、憲法闘争の強化をめざす中央決起集会が十六日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。国会に請願デモ後、国会前に座り込みました。緊急に呼びかけられた昼間の行動にもかかわらず三千二百人が集まりました。

 「やるしかない」と語るのは、山梨県の新日本婦人の会の石原靖子会長(60)。「『いまの政治はおかしい』と憲法署名をしてくれる人が急激に増えています。この三年間がたたかいの正念場と気持ちを固めています」と力を込めました。
 群馬県から参加した女性(63)は、「法律が強行されてがっかりしていましたが、国会論戦での到達点や、住民過半数の憲法署名の達成が広がっているときき、群馬でも過半数めざし頑張ろうと確信がわきました」と話します。

 主催者あいさつした新日本婦人の会の高田公子会長が、「世論に力強い変化が生まれています。改憲勢力の挑戦を受けてたち、二度と改憲を口にできないよう決着をつけよう。参院選で改憲勢力に怒りの審判を」と呼びかけると、大きな拍手がこたえました。

 あいさつした日本共産党の市田忠義書記局長は、十八項目の付帯決議をつけるなど改憲手続き法自体が破たんしていると指摘。改憲派の暴走は国民の怒りと警戒を呼び覚まし、改憲派の中心に“靖国派”が躍り出たことで矛盾を深めていると強調しました。「憲法改悪反対の一点でゆるぎない多数派をつくる新たな出発点として総決起しよう」と訴えました。

 自由法曹団の田中隆幹事長は、公務員の国民投票運動は国家公務員法などの政治活動禁止にふれず、教員の授業中の意見表明はいいなどの答弁を国会論戦で引き出していることを紹介。これからの運動で定着させようと呼びかけました。
 集会は、憲法改悪反対共同センターと国民大運動実行委員会が主催しました。
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-17/2007051701_01_0.html

 (引用終了)


 >二度と改憲を口にできないよう決着をつけよう

 もうまさにこの言葉がこういう人たちの正体と言うか本質、本音を現しているよね。大事なのは反対意見、異論を言う自由が認められた思想信条、言論の自由ではなくて、自分たちにとって都合のいい言論しか認められない言論統制国家。もう驚かないけどね。既にこういう人たちが言論の自由や思想信条の自由を大事にしない人たちだって言うのは分かっているので。
 それにしても、


>教員の授業中の意見表明はいいなどの答弁を国会論戦で引き出していることを紹介

これっていいの?何か誘導尋問か何かで引き出されたのかな?18歳の高校生が投票する権利を持つことが考えられる状態でこんな事が認められたら危なくない?ああいう人たちは生徒たちの成績を盾に自分たちの信仰を押し付けてくるよ(現にあった)。またそういった強制じゃなくても、生徒にとって、先生から、「AかBかは自分で考えなさい」とだけ言われたならまだしも、「AかBかは自分で考えなさい。先生はBが正しいと思いますけどね」と言われる事はほぼBへの誘導だよね。公務員だって思想信条の自由は認められて当然だけど、その立場を利用して政治活動するのはどうなのかなぁ。だって偏向した教師はまだまだ多い訳で。日教組とか日教組とか。
posted by AZ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

税金って言うのは平等が原則

 (引用開始)
・「ふるさと納税制度」は、政府与党が4月にぶちあげた都市と地方の格差是正策。
 現行の制度では、住民税は住所のある自治体に納めることとなっている。
 一方、ふるさと納税制度は、住民が自らの意思で、生まれ故郷など別の自治体に、住民税の一部を納められるようにするもので、例えば、東京で暮らす人が、宮崎に納めることができる。
 導入の狙いは、税収が集中する大都会と、人口減に悩む地方の財政力の格差を縮め、地域を活性化することにある。

 東国原知事は「悲痛な叫びに、耳を傾けていただきたいと思います。まだまだ問題点があると思うんで、その問題点を十分クリアできれば、わたしは賛成の立場ですね」と述べた。
 一方、石原知事は「すべき努力を東京と同じようにしたの? 要するに、格差を唱えている各自治体が人員整理しましたか? 歳費の節減しましたか? 国だってやってないじゃないの」と語った。
 市民は「恩返しみたいな意味も含めて、少しだけでも還元してくれると、地方が活性化される要因になって、非常にいいと思います」、「おれたちがこの辺(都心)で一生懸命稼いで、税金払ってるじゃないですか。自分たちが住んでる町を良くするていうのは、自分の責任であってだね」などと、賛成、反対、真っ二つに別れた。

 中央大学法科大学院の森信茂樹教授は「(ふるさとの自治体から)サービスをですね、受益してないにもかかわらず、(税金を)払うというような形になるのですから、この受益と負担というですね、地方税の大きな大原則、大きな原則、これが崩れてしまうというような問題があると思います」と指摘した。
 つまり、ふるさと納税を選択した住民は、ほかの住民に比べ、居住地に対しては少ない税負担で同じ行政サービスを受けられることになるため、不公平が生じることになるという。(抜粋)
 http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00110467.html


 (引用終了)

>つまり、ふるさと納税を選択した住民は、ほかの住民に比べ、居住地に対しては少ない税負担で同じ行政サービスを受けられることになるため、不公平が生じることになるという。

 ここが一番問題だと思いますね。東京に住んでいる人が、一人は100円払った。もう一人は50円払った(地方にも50円払った)。でも都から受けられる行政サービスは一緒。やっぱり不平等ですよね。
 東国原知事は、


>まだまだ問題点があると思うんで、その問題点を十分クリアできれば、わたしは賛成の立場ですね

と仰っていますが、確かに問題点は大きいですね。本来都に払うはずの金額のパーセンテージに合わせて行政サービスを削減するとか。本来100円払うべきところ、50円しか払わなかったら都からの行政サービスは50%に減るとか。そうするとまた不平等だ、差別だ、となるんでしょうけどね。この不平等と言う問題点はなかなかクリアすることは難しいと思うのですが。
posted by AZ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。