2008年07月11日

アレを思い出した

 日本の高校生が何だかの世界的な会議に出席して、「制服は憲法違反だ」みたいなことを言って、制服をやめさせたいみたいな旨の発言をしたら、そんな服を着て学校に行ける事こそがどれだけ幸せな事か分かっていないみたいな事を言われて日本が世界から嘲笑された件がありましたが、それを思い出しました。

 (引用開始)

 臨時府議会で審議中の08年度本格予算案に盛り込まれた私立学校への助成削減に抗議する集会が10日、府庁前であった。保護者や教員でつくる「大阪私学助成をすすめる会」の主催で、生徒を含む約1000人(主催者発表)が参加。
府議会各会派に「私学教育の発展に障害を生む削減は認められない」との要請書を提出した。

予算案では、学校運営を支える経常費助成について、私立高校分を10%削るなどし、今年度だけで30億8200万円の削減を見込む。集会では、私立高校に通う女子生徒が「なぜ私たちが学費のことを心配して、学校に通わなければならないのですか」などと訴えた。【平川哲也】

毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080711-00000127-mailo-l27

 (引用終了)


 いや少しは気にしろよと。学費の事なんか気にしないで学校に行けるってどんだけブルジョアだよと。高校を義務教育か何かと勘違いしていないかと。
 まあ、そもそも私学への助成が憲法違反だなんて事は知らないんでしょうね。
 この女子生徒、大人になってから自分がこんな事を言っていたのを恥ずかしく思うんでしょうね。…それとも大人になってすらこれを何とも思わないのかな?
posted by AZ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102663038

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。