2006年03月16日

対策?

 最近Winnyを媒介とした情報流出問題が非常に大きく取りざたされている。今日のNHKでも取り上げていた。
 実際自衛隊、警察、学校、保険会社などさまざまな場所から情報が流出している。それはウィルスの仕業である。
 ところが。
 マスコミから流れてくる言葉は、「Winnyの被害」「Winnyの対策」。ちょっと待って欲しい。情報を流出させているのはウィルスである。Winnyはウィルスを媒介させているに過ぎない(それはそれで問題だが)。つまり対策すべきはウィルスであって、Winnyではない。例えばWordを使って広がるウィルスがあるとしてWord被害とか、Excelを媒介としたウィルスがあったからと言ってExcel対策とか言うだろうか。問題なのはウィルスなのである。中にはWinnyの使用を控える事が対策だと言っている人もいるようだが、それを言えば包丁をなくす事が殺人事件の対策か、マッチをなくせば放火事件の対策かと言えばそうでないのと同様で、Winnyを使わなければそれでLove is OKと城島君のようになる訳ではないのだ。

 勿論ウィルスがWinnyを通じて広がっている以上対策を取るのは当然だが、Winnyをスケープゴートにするのは筋違いである。例えばよく言われていることだが私用のパソコンと仕事のパソコンを分ける。これだけで流出したときのダメージは激減できる。セキュリティソフトは当然入れる。怪しい実行ファイルは開かない。インターネットを使う以上自衛するのは当然の事である。一般生活でも家に鍵をかけたり防犯ブザーを持ったりするのと同様、インターネット上でも安全に気を配らなければいけないのだ。

 何やら安倍官房長官もWinnyに対して言及していたみたいだが、何度も言うが大事なのはWinnyを使わないことでなく、Winnyを使ったときの安全対策をしっかり取る事である。交通事故が危険だからと言って車を使わないのが最善の策かといえばそうではない。当然自衛隊や警察などが情報流出に細心の注意を払うのは当然の事である。公務のデータを私用のパソコンで使わないようにすることなどは必要である。パソコンの台数が足りないためにやむを得ず私用のパソコンでも仕事をこなしているならばそのためのパソコンの購入は必要経費であろう。それよりも情報が流出したときのほうが被害はもっと甚大である。だがだからと言ってWinnyの使用そのものをさせないように誓約書を書かせるなどと言うのはやりすぎだと思うのだが。私用のパソコンで公務をしないと言う誓約書なら納得できるのだが、じゃあWindowsのプログラムの脆弱性をついたウィルスやプログラムが現れたら(と言うか実際にあるが)Windowsの使用をさせないようにするのだろうか。そうじゃないだろう。
 Winnyの作者を見せしめのように逮捕しておきながら、自らそのソフトを使って情報を流出させているのは最早滑稽ですらある。更には作者は京都府警とWinnyのこれ以上のバージョンアップはしないと言う誓約書を交わしているらしく、作者は流出したファイルを削除する技術はあると言うが、そのバージョンアップができないでいると言う。本末転倒も甚だしい。

 繰り返しになるがWinnyには何の罪もないと思う。問題はウィルスである。対策を取るべきはウィルスであって、Winnyをスケープゴートに仕立て上げるのは警察の仕事でもマスコミの使命でもなんでもない。
【関連する記事】
posted by AZ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は・・はじめまして・・!
コメント初めてできんしょーします・・っ!
Posted by ☆aine☆ at 2006年05月18日 10:50
こんにちは。異性紹介のサイトを紹介します。ぜひご利用ください
Posted by プランナー at 2006年05月23日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14949681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。