2006年04月10日

またか…

 (引用開始)

痴漢で逮捕・不起訴、男性の損害賠償請求を棄却

 電車内で女性に痴漢行為をしたとして現行犯逮捕されたものの、不起訴となった東京都国立市、元会社員沖田光男さん(63)が「虚偽の申告で、証拠もないのに不当に逮捕、拘置された」として、被害を申告した女性と国、都を相手取り、計約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、東京地裁八王子支部であった。

 松丸伸一郎裁判長は「女性の供述は具体的で、痴漢行為があったと認められる」として、沖田さんの請求を棄却した。

 判決などによると、沖田さんは1999年9月2日午後11時ごろ、JR中央線の電車内で20歳代の女性に下半身を押しつけたとして都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された。
 その後、立川署に21日間拘置され、同署や東京地検八王子支部で取り調べを受けたが、一貫して容疑を否認、同年12月に嫌疑不十分で不起訴処分になった。

 沖田さん側は「女性は車内での携帯電話の使用を注意された腹いせに、事件をでっち上げた」と主張していたが、松丸裁判長は女性の供述内容について「詳細で信用できる」と認定。
 この供述に基づいて警察が逮捕、検察が拘置請求したことはやむを得ないとした。

(2006年4月10日11時42分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060410i103.htm

 (引用終了)

 もうね、脱力ですよ。怒る気力すら湧いてこない。
 判決で携帯の使用を注意した事は認めているのに、その後痴漢ってありえるか、普通。刑事で不起訴処分になっているのに民事で、
>「詳細で信用できる」
っていう理由だけで棄却。地裁にはこういったかしい裁判官が大勢いるから大変。運悪くその変な思想に染まっちゃった裁判官に当たることがある。だからサヨなんかは同じ事について全国で一気に裁判を起こして、そのうちどこかで変な思想に染まった裁判官に当たるのを待つと言う作戦を取る。そのうち他ではまともな判決が下されても、サヨがかった裁判官に当たって変な判決が出ると、そのたった一回の地裁での変な裁判官による判決を金科玉条のごとくありがたがって他の大多数のまともな判決は無視しつつごく稀な例を以ってこれが絶対的な判決かのごとく言いふらす。そしてまたその変な判決を朝日新聞あたりが
>裁判所が認めた判決を尊重すべきだろう
なんてほかのまともな判決は無視しつつ取り上げちゃったりすると(笑)。

 まあ、今回の場合もそのおかしな裁判官に当たったごく不運な例と言える。ちなみにこの裁判官には前科があって、
 ・松本サリン事件で河野義行さんに逮捕状を出す
 ・今回の事件で検察側の不起訴記録を提出するよう求めたら、「その直後に」「保存期間が3年と定められているにもかかわらず、担当職員が1年と勘違いし、廃棄」
 そして今回。
 ・刑事裁判は不起訴なのに女性の証言だけで「痴漢行為はあったと『認められる』」

 ちなみに刑事裁判では『無実』になったわけではなく、『起訴すら出来なかった』んですよ。
 裁判所側も拘置延長を認めちゃっている加害者側な訳ですから、自己弁護、自己保身に走っちゃったんじゃないかなぁと邪推。
 でも今回の判決が悪しき前例になると、これから先、明石家さんまさんの女性版のような人が証言すればそれだけで誰でも(いや男性だけか)犯罪者に出来るのですから怖いですね。ぜひ高裁ではまともな判決が出てくれる事を期待します。

 この原告の男性のホームページです。当事者である事を抜きに見てもこの事件のひどさが分かると思います。

 http://homepage3.nifty.com/okita-m/index.html

 あと最後におまけ。別の冤罪事件の被害者のホームページ。こちらも酷いです。加害者(自称痴漢にあったと言っていた女子高生)も警察も酷いものです。ちなみにこの加害者は未だにこの冤罪事件の被害者に謝罪していないそうです。このような悪質な加害者こそ何とかすべきだと思うのですが。

 http://enzai.xrea.jp/
posted by AZ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。