2006年10月23日

結局口だけでなく手を出す日教組

 (引用開始)

 asahi.com

君が代演奏妨害、教員の戒告処分を取り消し 北海道

 北海道倶知安町の町立中学校の卒業式で「君が代」演奏を妨害したとして、戒告処分を受けた男性教諭(49)について道人事委員会は23日、処分取り消しの裁決を通知した。裁決では「個人の思想の自由を侵害するもので、処分は懲戒権の乱用にあたる」としている。

 裁決によると男性教諭は01年3月の卒業式で、校長がカセットデッキを持ち込んで君が代の演奏を始めたところ、カセットデッキを持ち去り、演奏を止めた。道教委は同年7月、君が代の斉唱を明記した学習指導要領に従わなかったなどとして、地方公務員法に基づき教諭を戒告処分にした。

 道教委の処分を不服とした教諭が、01年9月に人事委に対して処分取り消しの申し立てをしていた。

 (引用終了)


 また北海道か。

 これは別に個人の思想の侵害がどうのと言う話ではないでしょう。実力行使で無理やりカセットデッキを持ち去ったって話ですから。生徒の事や保護者の事など何も考えずに。

 別にこの赤い教師が君が代が嫌い教の信者だとしてもそれを否定するつもりはありません。それを無理やり否定しようとする事は最大限非難します。ですが今回の場合、思想の自由が公共の福祉を凌駕する事はありません。服務規程を無視していい理由にはなりません。そして何より生徒の一生に一度の晴れ舞台を汚す事が嫌です。サヨ教師にとっては生徒の思い出よりも自分のイデオロギーの方が大事なのでしょうが、そんな人間は教師になるな。せめて自分たちでサヨ学校を作って勝手に洗脳教育してください。サヨ教師とプロ市民の子供しか入らないだろうけど。
posted by AZ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。