2006年11月03日

驚きはしない

 ただ呆れるだけ。

 (引用開始)

 asahi.com

鳩山・民主幹事長、麻生外相の罷免要求

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日、都内での会合であいさつし、自民党の中川昭一政調会長や麻生外相の核保有論議について「核を何らかの形で国の安全保障に結びつけようと議論することに大変憤っている」と批判した。さらに「唯一の被爆国として、世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければならない日本の外相がこういう発言をすることに心から怒りを持つ」と述べ、外相の罷免を要求する考えを示した。

 (引用終了)


 議論すら許さないのは民主党のみならず社民党共産党などサヨの普通の行動。議論して、結果今は核が必要ない、となる事すら認めていない。結論ありき、思考停止である。
 あたし個人も今現在は核装備の必要は無いと思っている。ただそれは唯一の被爆国だから、とか、単なる核アレルギーからではなく、持つより持たない方が国益にかなうと思っているからだ。だから今現在は私は核武装に反対である。ただ、議論自体は大いにしたほうがいいと思う。でなければ持たない事のメリットが見えてこないからだ。核は必要ない、その理由は無い、終わり。では持たない事のメリットが無いではないか。

 また核武装の議論自体が相手をけん制する事にもなる。それは結局持たないと言う結論が出たとしてもだ。例え持たないと言う結論が一度出ても、局面が変われば持つかもしれない、と相手に思わせることができる。

 そして何より、言論の自由を叫んでおきながら、自分たちとは異なる意見を言う自由は無い、と言う人間が政治家でい続けることのデメリットは確実に大きい。
posted by AZ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26721140

この記事へのトラックバック

核兵器
Excerpt: 中川昭一政調会長が核保有論議発言をしている。 いまのところ、中川さんや麻生さんの発言は、言語道断、もってのほかという風潮になっているように思うが、 民主主義においては、「一人一人の意見を尊重し、相..
Weblog: 新明解国語辞典を読破する
Tracked: 2006-11-04 22:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。