2007年02月27日

そこを比較しても

 (引用開始)

 中国外務省の秦剛・副報道局長は27日の記者会見で、自民党の中川昭一政務会長が講演で中国の軍事拡大動向を注視するべきだと強調したことについて「中国の脅威を絶えずわめく本当の目的は何か聞きたい」と述べた。
 
 秦副局長は「奇妙なのは、日本の面積は中国の25分の1で、人口は10分の1の国家なのに、軍事費は膨大なことだ。中国の軍事費は日本の67%で、国民1人当たりでは7%に過ぎない」と指摘。
 「日本側は中国に(軍事費の)透明性を増すようにいつも言う。それなら我々は、日本がそのようにする目的をより透明にするよう求める」と述べた。
 
 http://www.asahi.com/international/update/0227/015.html

 (引用終了)


 >「中国の脅威を絶えずわめく本当の目的は何か聞きたい」と述べた

 日本と諸外国の安全と平和のためでしょうが。脅威を絶えず言い続けなければならないような事をやっている国が日本のすぐ近くにある以上政治家という国民の生命と財産を預かっている職にある以上言わなければならないでしょう。中には脅威はないと宣伝し続けて日本の弱体化に務めている議員や政党ももいるようですが(笑)。

 >面積は中国の25分の1で、人口は10分の1の国家なのに、軍事費は膨大

 日本は日本国民全体を守ろうとしているからじゃないのですかね。中国が日本と同じくらい中国の全国民を守ろうとしたら

>日本の67%

ではとても間に合わないと思うけどね。大事にしているのは大都市圏など要所くらいでしょ。人の少ないところまで本気で守ろうとはしてないんじゃないかね。自国領と言っているチベットなんて守る気ないでしょ。まあチベットには他の目的でお金使っているんでしょうけど(笑)。

 まあ、誰もがわかっているトリックだけど、中国が日本の67%で済んでいるのは単に物価の違い。銃が1丁100円の国と10円の国があって、前者は1丁持っていて、後者は9丁持っている。すると軍事費で言えば前者(100円)>後者(90円)。でも実際の軍事力と言う事で言えば当然前者(1丁)<後者(9丁)。
 こんな素人にでもトリックが分かる言い訳は逆効果では。
posted by AZ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34856904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。