2007年06月06日

KYって誰だ?

 や、旧日本軍が慰安所に関与していた『証拠』、と同じ臭いがするのですが(笑)。

 (引用開始)

 自衛隊が市民団体監視 情報保全隊の「内部文書」 '07/6/6

 共産党の志位和夫委員長は六日午後、国会内で記者会見を開き、陸上自衛隊の情報保全隊が作成した「内部文書」を入手したと発表した。

 自衛隊のイラク派遣などに反対する全国の市民団体や、ジャーナリスト、宗教団体などの動向を調査した内容。デモや反対集会などの様子をまとめたものが中心で、共産党が文書に基づき調査した結果、事実と異なる例は一例もなく、文書は信ぴょう性が高いと判断した、という。

 志位氏は「内部文書は国民のあらゆる運動を監視し、詳細に記録していたことを示している」と指摘、自衛隊法に根拠がない違法な活動であり直ちに中止することを求めた。

 文書は(1)陸自東北方面情報保全隊が収集した情報を週単位で一覧表として取りまとめた二○○四年一月から二月までの一部の「一般情勢」など(2)情報保全隊本部が作成した○三年十一月から○四年二月までの一部の「イラク派遣に対する国内勢力の反対動向」―の二種類。計十一部、百六十六ページで、個人名を黒く塗りつぶした上、報道陣に公表した。

 イラク関係だけでも、市街地などでの活動で監視対象となっているのは全国四十一都道府県の二百九十三団体・個人で、高校生も含まれ、参加者の写真なども添付されていたとしている。

 ジャーナリストの取材状況や市町村議会の決議の経緯なども分析されていたという。

 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200706060232.html

 (引用終了)


 まず仮に本物だとして、国や国民の安全がかかっている自衛隊の内部文書を、文書の内容の是非は別として、勝手に公開するのが国益に沿っているのかどうか。
 また、ジャーナリストでもない公党が果たしてどこから入手したのか説明できるのでしょうか(笑)。普段は説明責任説明責任と言っていますが。

 次に、


>自衛隊のイラク派遣などに反対する全国の市民団体や、ジャーナリスト、宗教団体

と言うことですけど、こういう団体って目的のためには手段は問わないですからね。実際に自衛隊の家族が住む官舎などへ不法に侵入したりしていますし。市民団体なんていっていますが、この言葉が何を意味しているかというのは最近では結構知られてきていますからね。市民団体という名の危険な団体であることは結構多いですよね。危険な団体は逆に今よりもきっちりと監視して欲しいくらいです。勿論北朝鮮のような監視国家には断固反対しますが、無政府状態のような『自由』な国家もまた危険ではないかと思います。監視と言う行為がいけないという人たちも、警察や自衛隊、公安がもっときっちりと監視をしておけば防げたかもしれないサリン事件の被害者や遺族に「サリン事件を防ぐために監視国家になるのはごめんだから、あんたらが死んでも全然問題なかった」と言えるくらいであれば信念は持っているんだなとは思いますけどね(ただ人の心は持っていないですが)。

 逆に自衛隊が、「国民の事なんか知らん。興味も無いから調査もしない」なんて言ったらそっちの方が問題だと思いますし。
 ただ問題はそれが外部に漏れたことでしょうね。確かに共産党もたまたま道に落ちていた文書を拾ったのではなくて、目的があって入手する努力をして今回のように外患誘致をしようとしたのでしょうけど(笑)、情報管理の甘さは自衛隊も批判されて当然でしょうね。国内外には日本共産党だけでなく、日本を弱体化させようとする国や団体はたくさんいますから。

 あと、


>志位氏は「内部文書は国民のあらゆる運動を監視し、詳細に記録していたことを示している」と指摘

との事ですが、正確にはこうではないかなと。

>内部文書は反日、売国団体、過激派のあらゆる運動を監視し
posted by AZ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 09:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。