2007年06月20日

2chでは2番目のレスで結論が出ていた

 (引用開始)

★自民・民主議員の米紙意見広告 「慰安婦」強制を否定 海外から批判

・日本の自民党・民主党の議員四十四人が十四日付米紙ワシントン・ポストに、「従軍慰安婦」の強制性を否定した意見広告を出したことに対して、元「慰安婦」の女性は激しい憤りの声を上げています。

 オーストラリアのAAP通信十五日付は、インドネシアで日本軍の「慰安婦」とされた豪在住のジャン・ルフ・オハーンさん(84)の声を紹介しています。
 オハーンさんは、意見広告がとくに日本軍の強制を示す証拠は見つかっていないと主張していることについて、こう語っています。

 「私はトラックに詰められ、家族から離れた遠いところに連れて行かれ、買春宿に入れられて、一日中強姦(ごうかん)され続けた」「私たちが強制されていなかったという、どんな証拠を彼らが出せると言うのか」
 オハーンさんはそのうえで、「日本は歴史的責任を認めていない。私たちは日本が戦時中に犯した罪を認めて謝罪してほしいのです」と訴えています。

 オハーンさんは今年二月に訪米し、米下院外交委小委員会で自らの体験を証言しています。(抜粋)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-20/2007062006_01_0.html

 (引用終了)


 『悪魔の証明』

の一言で終了なんですけどね。
 火星人が地球にいる証拠は見つかっていないが、火星人が地球にいない証拠も無い。だから火星人は地球にいるんだ!!と言われてなるほど、火星人はいるな、と思う人がいますか?

 マジレスすると、


>日本軍の強制を示す証拠は見つかっていないと主張していることについて、こう語っています。
 「私はトラックに詰められ、家族から離れた遠いところに連れて行かれ、買春宿に入れられて、一日中強姦(ごうかん)され続けた」「私たちが強制されていなかったという、どんな証拠を彼らが出せると言うのか」


日本『軍』が強制を行ったかどうかと、この自称従軍慰安婦の方が強姦されたかどうかは実は微妙に関係ないんですよね。仮にこの方が強姦された事が事実であっても、それが日本『軍』の命令によるものかどうかが今回問題になっている訳で。
 この方の強姦自体は事実だったみたいです。ただそれは、日本軍に所属する軍人個人の暴発による事件らしいんですね。ですので軍にも監督責任と言うか結果責任はあるかも知れませんが、別に軍自体が強姦するように命令したわけではないんですよ。つまり、NHKの職員が痴漢したら、NHKにも監督責任、結果責任があってそれに対して謝罪くらいは必要でしょうが、ですがNHKが痴漢をするように命じたかどうかとなると話は別なわけです。常識的に考えてそんな命令するわけないですよね。
 東京都の職員が万引きしたら都知事や直属の上司にも責任はあるかもしれません。謝罪会見を行ったり、或いは厳重注意などの処分もあるかもしれません。ですが東京都が万引きを命じたのかどうかと、個人の犯罪とは全く別の話な訳ですよ。
 そりゃ何万人何十万人と人が集まっていればよからぬことも起こるでしょう。逆にそれだけ人がいて、何もない方が不健全であるとさえ思います。それは例え紳士の軍隊と言われた日本軍であってもそうだと思います。ですが個人の犯罪と、組織が命じた犯罪では全く意味が違うと思うのですよ。この方が本当に強姦されたのであれば最大限同情しますし、たとえ戦時中であっても強姦は許されるべきではないと思います。また当時でも強姦は犯罪でしょう。ですが個人の犯罪と組織の犯罪を(意図的に?)混同するのは物事が正確に見えなくなるような気がします。ただその後強姦した軍人個人は厳しく罰せられたみたいですが。ベトナム戦争で何千人もの混血児を生み出しながら処罰どころか謝罪すらしていない国とは違うと思うのですよ。…そういえば何十万人の人が無理矢理従軍慰安婦にされて強姦された割には何千人とか何万人とかの混血児がいませんよね…。おかしいですねぇ。何故でしょうねぇ。
posted by AZ at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
遊びにきました〜
これからも宜しくお願いしま〜す!


Posted by kuni at 2007年06月25日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45413236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。