2007年09月13日

じゃあどうすればいい評価をされたんだろう

 安倍首相が辞任。体調不良も要因らしい。安倍元首相とおそらく同じ病気であろう人の話を聞いた。
 要するに見た目にはあんまり普通の人と変わらないらしいです。ですので、何かあったときにも他の人が病気だと言うことが分からなくて、「何だあいつ」、と言う事になるのがつらいと言っていました。

 まあ、首相としての功罪は別ですし、その評価は又別に分けて考えないといけませんけど、とりあえずお疲れ様でしたと。首相の苦しみなんて首相にしか分かりませんからね。何かあれば全部が首相の責任。仮に首相とはまったく関係ない地方の事件とかでも、『これが美しい国のあるべき姿なのだろうか』なんて無理やりこじつけられたりするし。単なるDQNが起こした事件まで首相のせいにまでさせられますからね。そんな、なって1年しか経っていない首相の影響がたとえば高校生であれば10何年生きている人の行動に影響与えますかいな。10年前に大きく教育の根本を転換してその影響とかならわかりますけど。DQNがバイクで暴走行為をしてどれだけ現首相の影響があるものかと。

 ところで野党の評価はまあ、相変わらずやることなすことすべて否定、批判ですから今回の辞任も「無責任だ」と批判していた訳ですが、退陣を迫っていたのはおたくらじゃないのかと。それも早期退陣を事あるごとに迫っていたのはあなたたちじゃないのかと。早期退陣ということであれば、昨日の時点においては昨日が一番早い時点のわけですよ。つまり早期退陣を実行するには昨日の時点では昨日が最適だったわけで。それを望んでいて無責任とはこれ如何に。「適切な時期での辞任を」とかであれば分かりますよ。あまりにもいきなりでしたし、内閣改造をしてすぐですからね。ですが、早期退陣という意味では、これから先の適切な時期よりも昨日の方が良かった訳でしょ?何がいけないわけですか。
 後首相の体調にはちっとも触れられていなかったのが残念でしたね。また批判できる材料が増えたことに狂喜乱舞して政局に利用しようとだけして、翌日入院することにすらなった元首相への気遣いの言葉が私は聞けませんでした。一応大人なんだから、そこは一言あってもよかったんじゃないかと。何せこんな時期で退陣を決めるくらいの体調だったわけですから。

 これで心配なのがなんといっても拉致問題。家族会の方々も心配していました。大喜びなのは北朝鮮でしょうね。先の参院選で自民が大敗した時にも北朝鮮は大喜びでしたから。自分たちの手先が大勝利でしたし。これで北朝鮮は大喜び。その出先機関も大喜びなんでしょうかね。まず北朝鮮は自分たちの工作機関の成功に喜んでいるでしょうね。

 それにしてもマスコミの力は健在だなと思わされた1年間でしたね。郵政選挙のときはマスコミが必死に自民を負けさせようとしていたのにあの大勝利。マスコミの誘導、先導、ミスリードも国民には通じなくなったかな、と思ったら今回の参院選を含め、安倍首相の誕生から退陣まで、マスコミの、猪瀬氏に言わせれば魔女狩りは大成功でしたね。マスコミの力はまだまだ侮れないようです。
 なんといっても朝日からは嫌われていましたからね。その批判は正直常軌を逸していました。NHKでの圧力をかけて番組を改変させたと言う捏造事件でよっぽど朝日は怒ったんでしょうかね。珊瑚で懲りてはいなかったようで、今回は逆ギレの恐ろしさを思い知らされました。「我々の正義の捏造を批判するとは何事だ!!」と。

 なんにせよ首相としての評価は別にして1年間お疲れ様でした。今はゆっくり体調を元に戻してください。そして首相になる前の頼もしい時期の安倍さんに戻って拉致問題の解決に尽力してくれる事を期待しています。
posted by AZ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55200953

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。