2007年06月30日

集団心理って怖いね

 (引用開始)

札幌の道立高 「胸触られた」120人苦情 女生徒 内科検診終了できず

 札幌市内の道立高校が五月中旬に行った内科検診で、女子生徒約百二十人が「(大学病院から検診の応援に来た三十代の)男性医師に乳房をつかまれた」などと訴えたため、検診を中断していたことが二十九日、分かった。学校側は「丁寧に診たことで誤解された」としているが、一連の混乱で学校保健法が健康診断の期限とする六月三十日までに、検診を終えられない事態となった。

 同校や道教委によると、内科検診は二日間の日程で初日は一年生全員と三年生の半数の計四百五十人が対象。大学病院からの応援医師(協力医)三人と学校医の計四人が診察。協力医のうち男性一人、女性一人が女子生徒を担当した。
 検診後、女子生徒から養護教諭や担任に「(男性の協力医に)右手で聴診器を当てている時に左手で胸をつかまれた」「ブラジャーを外された」などと苦情が続出。
 このため、学校は二日目の検診を延期した上で、この男性医師が診た女子生徒にアンケートを実施。一年生百二十人のうち九十人と三年生の三十四人全員が不快な思いをしたと答えた。

 同日、学校から相談を受けた学校医が、大学病院の医局を通じて男性医師から事情を聴取。その結果《1》乳房の下部に位置する心尖(しんせん)部の心音を聴くため、ブラジャーを外したり乳房を
持ち上げたりした《2》短時間で行うため、聴診しながら同時に胸郭のゆがみを調べる触診もした−と判断。これらは正当な医療行為で、他の医師より丁寧に診察したことが誤解を招いたと結論付けた。
検診では胸郭の異常を調べることなどが定められており、また、この医師は他校の検診で問題になったことはないという。
 検診の二日後、臨時全校集会で校長が「校内において不安で不愉快な思いをさせ申し訳ない」と謝罪した上で、「(医師は)大学病院勤務で学校検診は不慣れだった」などと説明した。さらに、女子
生徒の保護者に家庭訪問などで説明したほか、ショックを受けた女子生徒には専門家によるカウンセリングも行った。

北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/35229.html

 学校は二十七日に検診を再開したが、学校行事の関係で二年生三百十二人の検診が七月中旬にずれ込むこととなった。
 同校の教頭は、六月末の期限に間に合わなかったことは「申し訳ない」とした上で、「今後は女子生徒の感情に配慮するよう学校医から協力医に事前に話してもらう」と話している。
 また、学校医が「学校のアンケートが混乱を大きくした。正当な医療行為だと生徒や保護者に説明することが先だった」と学校の対応を批判。六月十五日に辞表を提出している。

・学校側対応は正当 道教委学校安全・健康課の佐藤憲次課長の話

 期限までに健康診断が終えられなかったことは残念だが、学校側の対応はおおむね妥当と考える。内科検診の内容や必要性について、思春期の女子生徒やその保護者にはさらに丁寧に説明して理解を得るよう努力してほしい

・聴診は重要で常識 札幌市学校医協議会の長谷直樹会長(はせ小児科クリニック院長)の話

 後天的な心臓病を発見するため(乳房の下の)心尖部の聴診は重要な場所であり、ブラジャーを外させ、乳房が大きい場合は持ち上げて聴診器を当てるのは医師として常識。胸郭の異常も思春期の女子に多く触診は必要。病気が内科検診後に見つかり「学校医は病気を見逃した」と親から抗議が来ることもある。入念に診ることを批判されたら検診は成り立たない。学校が事前に検診の内容や意義を十分生徒に周知する必要がある

 (引用終了)


 最初に何人かが言い出したんだろうね。そしたら、あたしもあたしもと。そりゃ女医さんがやっていれば最初から問題はなかったんだろうけど、女医さんの人数が足りなければ男性がやるしかない。男性だろうと、医師は何とも思わんらしいね。仕事となると。
 もしこれが特にきれいな数人の女の子だけ異常に触っていたのであれば意図的かなとは思わんでもないけど、120人も苦情を言っていれば胸の大きい子のは触っていたんでしょう。そりゃそうだ。診療ですから。言いたい事はこちらのページに大体書いてあるのでまずご一読して頂きたい。

http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200705/contents09/theme09.php

 大事な事は、


>病気が内科検診後に見つかり「学校医は病気を見逃した」と親から抗議が来ることもある。

と言う事でしょう。前述のページでも、

>ちなみに、アメリカでは「お腹の調子が悪い」という患者さんへ直腸診(肛門へ指を突っ込む触診)をしないと、後から訴えられたりするそうじゃ。“積極的な診療行為を怠った”という理由で。

との事ですが、自分たちで検診を拒否しておいて、後から病気が見つかってから、「検診が不十分だ!!」なんて言われかねませんからね。最近では。

 あと、

>このため、学校は二日目の検診を延期した上で、この男性医師が診た女子生徒にアンケートを実施。一年生百二十人のうち九十人と三年生の三十四人全員が不快な思いをしたと答えた。

このあたりも、なにやら集団ヒステリーと言うか、逆に、別に何とも思わないと言えない状況が感じられますね。『一年生百二十人のうち九十人と三年生の三十四人全員』ですよ。いじめと同じで、自分だけ何ともないと言ったらいじめられるんじゃないか、無視されるんじゃないか、みたいな心理を感じますね。

 勿論思春期の女子ですから、微妙な心理があることも理解はできます。自分の体調が悪くて、必要に迫られてお医者さんに行って診てもらうのと、別に体は何ともないのにあっちから男性医師がやってきて診られるのとは気分的に違うでしょうし。ただ、さっきも言ったとおり、何かがあってからでは遅いのですから、まず検診の際に、こういう事がありますよと、それは正当な行為ですから大丈夫ですよと一言言ってからやれば違ったのかなと思いますね。
posted by AZ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

税金って言うのは平等が原則

 (引用開始)
・「ふるさと納税制度」は、政府与党が4月にぶちあげた都市と地方の格差是正策。
 現行の制度では、住民税は住所のある自治体に納めることとなっている。
 一方、ふるさと納税制度は、住民が自らの意思で、生まれ故郷など別の自治体に、住民税の一部を納められるようにするもので、例えば、東京で暮らす人が、宮崎に納めることができる。
 導入の狙いは、税収が集中する大都会と、人口減に悩む地方の財政力の格差を縮め、地域を活性化することにある。

 東国原知事は「悲痛な叫びに、耳を傾けていただきたいと思います。まだまだ問題点があると思うんで、その問題点を十分クリアできれば、わたしは賛成の立場ですね」と述べた。
 一方、石原知事は「すべき努力を東京と同じようにしたの? 要するに、格差を唱えている各自治体が人員整理しましたか? 歳費の節減しましたか? 国だってやってないじゃないの」と語った。
 市民は「恩返しみたいな意味も含めて、少しだけでも還元してくれると、地方が活性化される要因になって、非常にいいと思います」、「おれたちがこの辺(都心)で一生懸命稼いで、税金払ってるじゃないですか。自分たちが住んでる町を良くするていうのは、自分の責任であってだね」などと、賛成、反対、真っ二つに別れた。

 中央大学法科大学院の森信茂樹教授は「(ふるさとの自治体から)サービスをですね、受益してないにもかかわらず、(税金を)払うというような形になるのですから、この受益と負担というですね、地方税の大きな大原則、大きな原則、これが崩れてしまうというような問題があると思います」と指摘した。
 つまり、ふるさと納税を選択した住民は、ほかの住民に比べ、居住地に対しては少ない税負担で同じ行政サービスを受けられることになるため、不公平が生じることになるという。(抜粋)
 http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00110467.html


 (引用終了)

>つまり、ふるさと納税を選択した住民は、ほかの住民に比べ、居住地に対しては少ない税負担で同じ行政サービスを受けられることになるため、不公平が生じることになるという。

 ここが一番問題だと思いますね。東京に住んでいる人が、一人は100円払った。もう一人は50円払った(地方にも50円払った)。でも都から受けられる行政サービスは一緒。やっぱり不平等ですよね。
 東国原知事は、


>まだまだ問題点があると思うんで、その問題点を十分クリアできれば、わたしは賛成の立場ですね

と仰っていますが、確かに問題点は大きいですね。本来都に払うはずの金額のパーセンテージに合わせて行政サービスを削減するとか。本来100円払うべきところ、50円しか払わなかったら都からの行政サービスは50%に減るとか。そうするとまた不平等だ、差別だ、となるんでしょうけどね。この不平等と言う問題点はなかなかクリアすることは難しいと思うのですが。
posted by AZ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

岡村頑張れ

 (引用開始)

「めちゃイケ」高野連抗議で…岡村が反論「逆にぼくが遺憾です」


 高野連から抗議を受けた6日放送のフジテレビ系バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」に出演したナインティナインの岡村隆史(36)が、12日放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」で“反論”した。

 問題になったのは、全国高校野球選手権大会で優勝した早実が宿舎に利用した兵庫県西宮市内の旅館での撮影部分。斎藤佑樹投手が使った酸素カプセル内で岡村がオナラを連発し「オナラ王子」と騒いだことなどに、高野連が「グランドでひたむきにプレーする選手の気持ちをふみにじる内容で非常に遺憾」とする抗議文を同局に送った。

 岡村は「高野連が怒ってますけど、逆にぼくが遺憾です」と反論し「高校球児がこれを見て腹立ちます、というのならぼくが行って説明しますよ」などと呼びかけた。抗議を受けたことについて「理解に苦しむ」とも話した。

 サンケイスポーツ

 (引用終了)


 完全に岡村が正しい。

 どこがどう具体的に、
>グランドでひたむきにプレーする選手の気持ちをふみにじる内容
 なのか説明してほしい。
posted by AZ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

リンクだけ貼っておきますね

 (引用開始)

秋山は反則行為で失格、秋山vs桜庭はノーコンテストに=Dynamite!!

(中略)

2.オイル疑惑
 ワセリン、タイオイル等の塗布はなかったが、秋山は全身にスキンクリームを塗っていた。これは「ワセリン、タイオイルは認められないが、クリームはOKだと思っていた」という秋山の認識不足によるもの。検証、事情聴取の結果、(カメラの前で堂々と塗っていたことなどから)悪意ではなく過失と判断。

 以上により、HERO’S審判団は以下の処分を決定。

1.秋山vs桜庭戦はノーコンテストとする。
2.反則行為を犯した秋山成勲を「失格」とし、ファイトマネーを全没収する。

(後略)

 スポーツナビ

 (引用終了)


 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4199602933/8oaskorearep-22/ref=nosim/
posted by AZ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

あれあれ?

 (引用開始)

日本の人気テレビドラマ「西遊記」(フジテレビ系)をめぐり、
原作を生んだ中国で「キャラクターやストーリーが原作を逸脱している。
中国文化への侮辱だ」と反発する声がメディアやインターネットで広まっている。

本来は男性の三蔵法師を女優の深津絵里さんが演じたことなどに対して
「日本人による文化の改ざんを許さない」との批判が目立つ。

SMAPの香取慎吾さんが孫悟空を演じて高視聴率を獲得したドラマだが、
古典の脚色をめぐる文化的なギャップが表面化している。
ドラマが映画化されるとの情報が反発に拍車を掛け、中国で孫悟空役として
知られる著名俳優が国内紙の取材に「民族が誇る古典が踏みにじられた」と嘆いた。

批判の矛先は「西遊記」の映画撮影スタッフに寧夏回族自治区でのロケを許可した
国家ラジオ・映画・テレビ総局にも向けられ、同局を「国賊」とののしる書き込みもある。
大手サイト「捜狐網」は次回のロケを認めるべきかどうかを問うネット投票をスタート。
5日現在で「反対」が4000票を上回り、2300票の「賛成」を大きく引き離している。

これに対し中国週刊紙、国際先駆導報は
「中国古典をあの手この手で脚色するのは日本では正常なことだと考えられている」と
価値観の違いを説明。さらに、原作に忠実な中国作品を世界に問うことが有効な対抗策だと論じている

【北京5日共同】
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2006120501000616

 (引用終了)


 その支那自身は日本の製品の海賊版を大量に販売しているけどあれはいいの?
posted by AZ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

上手いね

 (引用開始)

言わせず、含めた「非核4原則」認めない…中川会長

 自民党の中川政調会長は23日、岐阜市で講演し、自らが提起した日本の核保有論議に党内外から批判が出ていることについて、「最近は、(核兵器を)作らず、持たず、持ち込ませず、言わせずの『非核四原則』と言うそうだ。私は非核三原則は認めるが、四原則は認めない」と反発した。

 さらに、「議論もしては駄目だという人がいるのであれば、今度は五原則で『考えさせず』となることを恐れる」と指摘し、「日本を侵略させないために何ができるか考え、最大限努力する必要がある」と論議の必要性を重ねて強調した。

 中川氏は8日の講演では、米中間選挙の結果や北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の行方を見守る必要があるとして、核保有に関する発言は当面、控える意向を示していた。
(読売新聞)
 (引用終了)


 今の時代にまるで敵性語追放みたいな事が行われている。核に関する議論はすることすらまかりならん、更には考える事すらしてはいけない、と言うのだ。恐ろしいね。
 でもそういえばそもそも非核三原則って言うのも敵性語追放に似ているのではとふと思った。「持たない、作らない、持ち込ませない」と言う時点で思考停止しているのだ。それから先は議論も考える事もまかりならんみたいな風潮がある。非核三原則の堅持に賛成している人が80パーセントもいるそうだ。これは、議論して、思考して、シミュレーションして、検討して、熟慮して、そして結果、国民のためには持たないほうがいい、作らない方がいい、持ち込ませないほうがいい、と言う結論に達した、と言うのとはおそらく意味が違うのだろうと思う。最初から結論ありきなのではないか。つまり完全な思考停止だ。
 あたし自身も今現在は持たないほうがいいと思うし、作らない方がいいとおもうし、持ち込ませないほうがいいとは思っているが、それは持つよりも作るよりも持ち込ませるよりも国益にかなっていると思うからであって、決して非核三原則のせいで思考停止している訳ではない。もし国益にかなうのであれば実験や所持も考えていいと思う。単純に言えば持たないために日本だけでなく他国の人も大勢死ぬ事になるのであれば、もし持っただけで死ぬ人がいなくなるのであれば持つこともあっていいと言う事だ。勿論使う必要はない。
 最近では核を持たないことが目的になっている人が躍起に議論をつぶそうとしているみたいだ。本来国会議員の目的と言うのは、国民の安全、生命財産を守るためであって、核を持たないことが目的なのではない。どうせ持たないなら、徹底的に議論してし尽くして、そして納得して持たないほうがいいと思うのだが。
posted by AZ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

テポドンやノドンみたいな

 (引用開始)

中国中央テレビによると、中国の胡錦濤国家主席は12日、中華民国建国の父、孫文の生誕140周年を記念する大会で「祖国の完全統一の実現は中華民族の根本的利益だ」と演説し、台湾独立に断固反対する考えを強調した。

さらに「(中台双方の)中国人は『一つの中国』の原則の下、誠意をもって向き合い、両岸関係の発展を推進できる」と指摘、台湾側に統一を呼び掛けた。大会は北京の人民大会堂で開催された。

>> NIKKEI NET 2006/11/12[23:35] <<
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061112STXKA026812112006.html

 (引用終了)

>誠意をもって向き合い
 

 誠意と言う名のミサイルでしょうか。
posted by AZ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

驚きはしない

 ただ呆れるだけ。

 (引用開始)

 asahi.com

鳩山・民主幹事長、麻生外相の罷免要求

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日、都内での会合であいさつし、自民党の中川昭一政調会長や麻生外相の核保有論議について「核を何らかの形で国の安全保障に結びつけようと議論することに大変憤っている」と批判した。さらに「唯一の被爆国として、世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければならない日本の外相がこういう発言をすることに心から怒りを持つ」と述べ、外相の罷免を要求する考えを示した。

 (引用終了)


 議論すら許さないのは民主党のみならず社民党共産党などサヨの普通の行動。議論して、結果今は核が必要ない、となる事すら認めていない。結論ありき、思考停止である。
 あたし個人も今現在は核装備の必要は無いと思っている。ただそれは唯一の被爆国だから、とか、単なる核アレルギーからではなく、持つより持たない方が国益にかなうと思っているからだ。だから今現在は私は核武装に反対である。ただ、議論自体は大いにしたほうがいいと思う。でなければ持たない事のメリットが見えてこないからだ。核は必要ない、その理由は無い、終わり。では持たない事のメリットが無いではないか。

 また核武装の議論自体が相手をけん制する事にもなる。それは結局持たないと言う結論が出たとしてもだ。例え持たないと言う結論が一度出ても、局面が変われば持つかもしれない、と相手に思わせることができる。

 そして何より、言論の自由を叫んでおきながら、自分たちとは異なる意見を言う自由は無い、と言う人間が政治家でい続けることのデメリットは確実に大きい。
posted by AZ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

別バージョン

Lv.1_up32189.jpg
posted by AZ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

大変だ!!

 (引用開始)

★ネット普及で深刻な児童ポルノ 対策進むが、状況はますます悪化

・サイバースペースでの児童ポルノ問題などを話し合うシンポジウム「守ろう子どもの権利STOP! 子どもポルノ」(日本ユニセフ協会主催)が26日、東京都港区のユニセフハウスで開かれ、警察やインターネット関連企業担当者から児童ポルノの現状や今後の課題が発表された。

 冒頭で、ストップ子ども買春の会(ECPAT)共同代表の宮本潤子さんが「児童ポルノは以前から存在したが、ネットの普及で明らかに激増しているという報告がある」と現状を説明。
 「日本は、児童ポルノ発信や東南アジアでの児童買春で非難されている一方、インターネット関連業界が“由々しき事態”に対応を始めていることが世界から評価されているのも事実」と今後の展開に期待を示した。

 法規制や取り締まりについては、警察庁生活安全局少年課の伊藤正明課長補佐が「法改正などで規制が強まったことで検挙件数は上がっている」としながらも、絶え間なく現れては消える“有害サイト”をすべて見つけるのは不可能だと述べた。また、「児童ポルノを提供目的なしで所持することや、アニメ・漫画など実在しない児童を描写したものは、児童を性の対象として助長する可能性があっても法律上対処できない」と、現状での規制の不備を指摘した。

 さらに、インターネット上の違法情報や有害情報の通報制度を運営しているインターネット協会の吉川誠司さんは「秒単位で児童ポルノ画像を連続投稿してくるなど、対応が追いつかない事例が増えている。また、携帯サイトはインターネットに比べて対策が進んでおらず、えげつないものが多い」と、山積する課題を述べた。

 関連団体の努力で、一定の成果も評価も上がってはいるものの、状況はますます深刻になっているのが現状だ。ヤフーの別所直哉法務部長は「安心して使えるものでなければ、メディアとしての価値が下がる」と危機感を表明し、来春から会員向けに、有害サイトのフィルタリングサービスを無料で提供すると発表した。

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2631013/detail

 (引用終了)


 「性犯罪者はほぼ100%の人がお米を食べているからお米を規制しなきゃ!!」

 …と同じくらいアホな話だと思うんですけどね。児童ポルノが好きである事と性犯罪を犯す事とは全く意味が違うんだから。ルパン三世が好きだからって窃盗の罪を犯す訳じゃない。戦争映画が好きだからって戦争を賛美している訳じゃない。

>「児童ポルノを提供目的なしで所持することや、アニメ・漫画など実在しない児童を描写したものは、児童を性の対象として助長する可能性があっても法律上対処できない」と、現状での規制の不備を指摘した。

 ってのはどこが問題なんでしょう。銃や麻薬と違って提供しないで所持だけだったらいいんじゃないでしょうか。もしこれが単純所持で検挙なんていったら、例えば間違ってポルノサイトに足を踏み入れてしまったり、ウィルスや悪意のあるプログラムでそういったサイトに移動させられたり、更にはメールで送られただけでも検挙できるって事でしょ。ネットで見ただけでもちゃんとキャッシュには残っているからね。十分所持です。そんな人までも検挙できるようにするってのは凄い事だと思うよ。
 あと実在しない二次元も駄目にしたいって言うのは、要するに警察、検察が駄目って思ったらなんでも検挙できるって事なのかな?例えば地球じゃなく、他の星のまったく実在しない架空の宇宙人の話って事でも駄目なのかな?他の星の宇宙人であれば地球人の年齢とは当然違うだろうから、地球での年齢なんて意味ないし。地球人から見れば18歳未満でも、あっちの星では18歳以上と言う設定であればぜんぜん大丈夫だと思うんだけど。
 更に言えばもし実在しない絵であっても駄目になれば、過去の偉人が書いた時価何億と言う絵画も没収するんだね。歴史的名画であっても駄目なんだね?それが平等と言うものだよ。
posted by AZ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

高校ばかりが悪いかと思っていたけど

 (引用開始)

 asahi.com

 必修履修せず197人卒業ピンチ 富山・高岡南高

 富山県立高岡南高校(篠田伸雅校長、高岡市戸出町)で、地理歴史教科を選択制としたため、3年生197人全員が卒業に必要な科目を履修していなかったことが24日、わかった。同校は県教委とともに卒業資格取得のための方策を協議している。

 同校や県教委によると、学習指導要領では世界史、日本史、地理の3教科から2教科を選ぶことになっていて、世界史は必修となっている。しかし、同校では昨年春ごろ生徒から「受験に必要な教科だけにしたい」との声が上がり、昨年度は3教科から1教科だけの選択でも可能とするようにした。その結果、世界史を履修していないなど、3年生全員が卒業資格を取得していなかったという。

 県教委は全員が卒業資格を得られるよう、冬季講習などで集中的に補習を行うことなどを検討している。篠田校長は「生徒に対し、申し訳なかった。十分説明してできるだけ負担にならないよう対応していきたい」と話している。

 文部科学省によると、履修には50分の授業が70回必要で、時間数を確保できれば卒業は可能という。

 (引用終了)


 初めは高校の手違いか何かで卒業できなくなりそうなのかと思ったけど、記事を読んでみれば、

>生徒から「受験に必要な教科だけにしたい」
 と言う事だったんだね。受験生は受験で使う勉強だけ出来れば言いと言う悪しき風潮も一因なのかな。個人的には、受験で得意科目だけで受けられるというのは一長一短だと思う。と言うか受験科目は多いほうがいいと思う。私立であろうと5教科6科目(あたしの時は)で受験させた方がいい。得意科目を伸ばすと言うのは一見良い事のように聞こえるけど、でもそれは受験生を不得意科目の克服から逃げさせていたり、時には実は才能があるのに不得意科目と勘違いしている教科から足を遠ざけさせているに過ぎないかもしれない。

 アインシュタインは今の受験体制なら落ちこぼれだ、などと言って得意科目での(と言って要は少ない科目での)受験がさも正しい事のように言う人もいるが、それはアインシュタインレベルでの話であって、一般的な受験生は受験科目が多くても普通に勉強さえすれば日本の大学であれば大体合格は出来ると思う。たとえ科目数が多くてもね。勉強が出来ないのではない。勉強していないだけ。勿論個人差はあるけどね。誰もが10勉強したから10伸びると言うわけでもない。10勉強して1しか伸びない人もいるし、100伸びる人もいる。でもそれは努力だけで補えるレベルでしかないと思う。誰もが努力だけでイチローみたいにはなれないが、日本の大学受験であれば努力だけで大抵何とかなるレベルだと思う。

 社会を良く知らない学生が、学生時代の勉強なんて社会に出てから役に立たないと勘違いしている事は学生にとっても社会にとっても不幸な事だね。
posted by AZ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

結局口だけでなく手を出す日教組

 (引用開始)

 asahi.com

君が代演奏妨害、教員の戒告処分を取り消し 北海道

 北海道倶知安町の町立中学校の卒業式で「君が代」演奏を妨害したとして、戒告処分を受けた男性教諭(49)について道人事委員会は23日、処分取り消しの裁決を通知した。裁決では「個人の思想の自由を侵害するもので、処分は懲戒権の乱用にあたる」としている。

 裁決によると男性教諭は01年3月の卒業式で、校長がカセットデッキを持ち込んで君が代の演奏を始めたところ、カセットデッキを持ち去り、演奏を止めた。道教委は同年7月、君が代の斉唱を明記した学習指導要領に従わなかったなどとして、地方公務員法に基づき教諭を戒告処分にした。

 道教委の処分を不服とした教諭が、01年9月に人事委に対して処分取り消しの申し立てをしていた。

 (引用終了)


 また北海道か。

 これは別に個人の思想の侵害がどうのと言う話ではないでしょう。実力行使で無理やりカセットデッキを持ち去ったって話ですから。生徒の事や保護者の事など何も考えずに。

 別にこの赤い教師が君が代が嫌い教の信者だとしてもそれを否定するつもりはありません。それを無理やり否定しようとする事は最大限非難します。ですが今回の場合、思想の自由が公共の福祉を凌駕する事はありません。服務規程を無視していい理由にはなりません。そして何より生徒の一生に一度の晴れ舞台を汚す事が嫌です。サヨ教師にとっては生徒の思い出よりも自分のイデオロギーの方が大事なのでしょうが、そんな人間は教師になるな。せめて自分たちでサヨ学校を作って勝手に洗脳教育してください。サヨ教師とプロ市民の子供しか入らないだろうけど。
posted by AZ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

何かが見えない

 (引用開始)

 asahi.com

出勤は5年間で8日 でも給料はほぼ満額 奈良市職員

 奈良市の男性職員(42)が病気を理由に休職・休暇を繰り返し、5年間の出勤日数が8日しかないことが分かった。給料はほぼ満額が支給されていた。休み中に庁舎に頻繁に出入りしていたといい、市は虚偽申請の疑いもあるとして職員から事情を聴いている。

 市によると、男性職員の最後の出勤は昨年12月23日。今年は年次休暇、病気休暇を相次いで取って1日も出勤していないという。2、4、5、8月にそれぞれ違う病名で診断書を提出、休暇を取り直していた。

 しかし、市の調査で、職員は休み中に庁舎に入り、市発注の工事などを親族の建設会社と随意契約するよう担当職員らに依頼して回っていたことが判明。職員は市に、「個人的な働きかけはしていない。地元の要望をあげていただけだ」と説明する一方、長期の病気休暇・休職については「反省しています」と話しているという。

 藤原昭市長は「虚偽申請の疑いも視野に入れて調査した上で、厳正に対処したい」としている。

 (引用終了)


 大事なのはそれだけじゃなくて、

 (引用開始)

 共同通信

「病欠」職員が交渉出席 奈良、日常的に市役所へ
 病気を理由に5年余りで8日間しか出勤していなかった奈良市環境清美部の男性職員(42)が、この期間に部落解放同盟の幹部として市側との交渉に何度も出席していたことが20日、分かった。
 市人事課は「職員との認識はなかった」とし、解放同盟側は「退職していると思っていた」としているが、市のずさんな人事管理が問われそうだ。
 市人権・同和施策課などによると、職員は2001年9月、部落解放同盟奈良市支部協議会の副議長に就任。市長らが出席する年1回の全体交渉のほか、課題別の交渉や協議のため、日常的に市役所に来ていた。
 同課は「既に退職していると聞いていた。病気をしているように見えなかった」と話している。
 人事課が今月、職員に「(病気休暇は)虚偽の申請ではないか」とただすと、「そのように受け止められても仕方ない。反省している」と答えたという。

 (引用終了)


 上下の記事で、上の朝日の記事には何か大事な事が意図的に書かれていないような気がするのですが(笑)。
posted by AZ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

きれいな虐殺

 (引用開始)

ネパールへ逃げ込もうとしていた無防備なチベット人を中国軍が殺害したビデオについて、中国はコメントを拒否した。

中国外交部の劉建超報道官は、「所轄官庁は既に情報を発表した。外交部報道官としてそれ以上の情報は何も無い」と定例記者会見で語った。

中国の新華社通信は、エベレスト山のそばで兵士が1人に傷を負わせ、1人を殺害したことを認めたが、それは自衛のためで、兵士の説得に従わず攻撃したからだと先週の木曜に発表した。

しかし、ルーマニアのテレビ局は土曜日になって、無防備で逃げるチベットの難民に中国軍が発砲するのを捉えた映像を発表した。それはネパールへ逃げ込もうとした70人のチベット人のグループの中の2人だった。

この場面は、CNNを視聴できる中国国内の主に外国人のビジネスや居住用のビルで放送された時は、中国の検閲によって何度も放送禁止となった。

当局によってこの件の報道はコントロールされ、中国国内ではまったく言及されていない。
(以上抜粋意訳。全文ソース:英文は http://www.smh.com.au/news/world/china-mum-on-film-showing-troops-killing-refugee/2006/10/17/1160850930201.html

 (引用終了)

 最近では日本でも言論弾圧がありますが、



★麻生発言に抗議と撤回要求 '06/10/20

 衆院外務委員会で麻生太郎外相が「(日本が核保有の是非を)議論しておくのも大事なことだ」などと発言したことに対し、広島県原水禁などは19日、抗議と発言の撤回を求める申し入れ書を安倍晋三首相、麻生外相にファクスで送った。抗議文では「現職の外務大臣としてあるまじき発言で、極めて軽率。被爆地ヒロシマの心を踏みにじるもので断じて容認できない」と非難。麻生外相に発言の撤回を申し入れた。

中日新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200610200003.html

● 麻生外務大臣の「日本の核保有論議も大事」発言に抗議(06/10/19)
 http://www3.ocn.ne.jp/~gensui/news/aso-kogi.htm
● 中川政調会長の「核保有論議発言」に抗議 (06/10/17)
 http://www3.ocn.ne.jp/~gensui/news/nakagawa.htm



流石言論統制の本場支那。ホントは社民や共産や朝日なんかもこうやりたいんだろうね。これを大々的に朝日が報じたら見直すけど、そんな事は99%以上無い事は分かって言っているので(笑)、恐らく見直す事は無いです。
 それにしても本当にこんな事を2006年の段階でやっている国でオリンピックやるのかね。1988年の再来とならなければいいけど。それどころか選手の身の安全すら危ういよね。1988年も選手やスタッフが危険な目にはあっているけど(勿論開催国以外の選手スタッフ)それ以上かも。
posted by AZ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

言論弾圧、二枚舌大好き民主党

 (引用開始)

 民主党の鳩山幹事長は、党の「次の内閣」の会合であいさつし、自民党の中川
政務調査会長がいわゆる非核3原則を見直すかどうか議論する必要があると
述べたことについて「絶対に看過できない」と批判しました。
 この中で、鳩山幹事長は「自民党の中川政務調査会長の非核3原則をめぐる発
言はどうしても看過できない。北朝鮮が核を持つなら日本も持ってやり返すん
だというような発想は断じてあるまじきことだ。議論も封印しなければなら
ない」と批判しました。そのうえで、鳩山氏は「このような発想では、日本が核
の拡散の方向に道を開いてしまうことになりかねない。日本は唯一の被爆国で
あり、だからこそ核の廃絶に向けて世界をリードしていくべきだ」と述べま
した。

■ソース(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/17/k20061017000182.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/17/d20061017000182.html

 (引用終了)

 (引用開始)

核武装論議は容認の姿勢」 西村問題で民主・鳩山代表
8:52p.m. JST October 27, 1999
 民主党の鳩山由紀夫代表は27日、東京都内で講演し、核武装をめぐる発言で
辞任した西村真悟前防衛政務次官の問題に絡んで核武装してもいいかどうかを
国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核
をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。
議題
に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と述べ、核武
装の是非を国会で冷静に議論すること自体は容認する考えを示した

 (引用終了)

 民主党は、

>議論も封印しなければならない

と言論の自由がある民主主義国家である日本において議論自体を封殺しようとし、同時に、

>核武装の是非を国会で冷静に議論すること自体は容認する考えを示した

と昔言った事とは真逆のことをのたまう党です。でも良く考えればサヨ全般に言える、『自分たちには何をいってもいい権利(言論の自由とは違って、誹謗中傷も含まれる)はあるけど、意見の違う人たちには言論の自由は無い』と言う新年にはきっちり沿っているんですけどね(笑)。
posted by AZ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ここは支那か

 長いけど引用。

 (引用開始)

 12日の民主党代表選で、無投票再選が決まり、党内に「敵なし」となった小沢一郎氏は、再選を機に政権交代への本格的な戦いをスタートさせる。

 「国家主義的、復古主義的な『思い』ばかりが先行し、深みのある政治思想・理念もない」「格差を是正するための実効ある対策は盛り込まれていない」民主党幹部に先週初め、こんな分析結果を明記した文書が配られた。
 タイトルは「安倍晋三氏の『政権構想』について」。安倍氏が1日に発表した政権構想に対し、党事務局が項目ごとに民主党との違いや論戦のポイントをまとめた「安倍対策マニュアル」だ。小沢氏は基本政策でも、安倍氏の「美しい国」に対抗し「公正な国」を掲げた。

 安倍氏が主張する憲法改正に関しては、「政権与党単独で進めるというのであれば、審議中の国民投票法案を含め、断固戦うことにならざるを得ない」と対決姿勢を強調。アジア外交の項では「小泉内閣によってとん挫したアジア外交をどう立て直すのか、処方せんが示されていない。安倍氏の一方的、楽観的な希望を述べたに過ぎない」と酷評している。

 文書策定は、安倍氏が出馬表明する前の8月29日の役員会で議論された。同党は、今回の政権構想分析にとどまらず、安倍氏の過去の発言や著書の内容の点検作業も急いでいる。

 一方、鳩山由紀夫幹事長は党広報戦略本部に対し、安倍氏の祖父・岸信介元首相の研究を指示した。幹部の一人は「安倍氏は岸氏のやったことをすべて肯定したいだけ」と指摘。別の幹部も「岸氏の業績をすべて否定はしないが、A級戦犯容疑者であり、危険な側面もある。安倍氏が政治的に岸氏のDNAを継いでいるのか、検証する必要はある」と述べた。安倍氏の主張について菅氏は「歴史認識を含め、従来の自民党からずっと右に寄った『保守亜流』。『保守本流』は民主党だ」と語る。同党は「安倍政権」が伝統的な自民支持層でさえついていけない「右寄り」とアピールすることで、穏健な保守層を取り込む狙い。「岸信介研究」もその延長線上にあるようだ。

 小沢氏は12日夜のTBS番組で、政権交代へのシナリオを描いてみせた。「(参院選は)自公の過半数割れの可能性が高い。衆院で3分の2を取っていても政権運営ができず、大きな(政界)再編含みの話にならざるを得ない。それが民主党政権の第一歩だ」。

 政権交代への最初の関門は、10月22日投開票の衆院神奈川16区、大阪9区補選。「安倍政権」発足後初の国政選挙であり負けられない。同党は所属国会議員をどちらかの選挙区に振り分け、全員に選挙区入りを義務づけた。総裁選に追われる自民党を尻目に、議員自身がポスター張りに路地を歩く「超・どぶ板選挙」を展開する。ただ、両選挙区とも自民党前職の死去に伴う「弔い選挙」。「安倍氏へのご祝儀相場」(幹部)も見込まれ、情勢は厳しい。

 小沢氏は8日、党本部で菅、鳩山両氏とともに、党が実施した補選の世論調査結果を険しい表情で見つめた。神奈川では自民候補の先行を許し、前職を擁立した大阪でもリードはわずか。小沢氏は「(大阪の候補は)知名度が高い割に浸透していない。逃げ切れる数字ではない。もっと頑張れ」とカツを入れた。

 同党が、そんな劣勢ばん回の活路と期待するのが、26日召集の臨時国会での「安倍VS小沢」対決。安倍氏に対する小沢氏の「格上感」を演出できれば、補選にも好影響が出るとの読みだ。小沢氏は12日のテレビ朝日の番組で「党首討論はできるだけ多くやりたい」と強調。安倍氏の父・晋太郎元外相との関係の深さを誇示する余裕も見せた。
 逆に小沢氏を「古い永田町の代表選手」と呼ぶ安倍氏は、小沢氏との対決を「新しい自民VS古い自民」と位置づけ攻撃を強める構え。「安倍VS小沢」の戦いは有権者の目にどうに映るのか。(一部略)

 (引用ここまで)


 気になった点をいくつか。
>小泉内閣によってとん挫したアジア外交
 これは完全な言い掛かり。アジアには日本と中東を含めなくても21か国(北朝鮮、台湾を含めれば23)ある。このうち今現在関係が正常とは言えないのは北朝鮮を含めた支那、韓国の特定アジア3か国だけ。それも原因は日本にある訳ではない(正確に言えば日本の売国、売国民マスコミにあるのかもしれないが(笑))。まあ、それに加担したのが売国政党、売国議員かもしれないが。

>(岸氏は)A級戦犯容疑者であり、危険な側面もある。安倍氏が政治的に岸氏のDNAを継いでいるのか、検証する必要はある
 これは完全に危険な思想でしょう。親(祖先)の犯罪(一応ここではこう表現する)が子孫にまで及ぶと言う考え。親が犯罪者だと子供も危険だという思想。DNAと言う部分は政治的な姿勢、と言う意味だと思うけど(と信じたい。もし意味通りにDNAに岸氏の『危険な』政治的姿勢が受け継がれているのでは、と言う意味であれば完全に差別主義者だが)。
 ちなみにもう今更な感もあるが、A級戦犯は全員もはや犯罪者ではない。名誉回復決議が社会党すらも含めてほぼ全会一致で決まっている。そもそもA級戦犯の罪状そのものが東京裁判という勝者のリンチで作られた事後法だから今現在殆どの法学者はあれを裁判だったなんて認めていない。
 ちなみにA級戦犯は28人いたが、その子孫はみんな危険な思想を持った人だという民主党の思想こそが危険だと思う。

>『保守本流』は民主党だ
 この辺はもう冗談の類。売国、反日本流の民主党が何を言う。あ、でも「あなた頭おかしいでしょ」「あなた、あたまおかしいですよ」「病院にいったほうがいいんじゃないですか?」「病院に行ったほうがいいですよ」とありがたいアドバイスを頂けるのも民主党だが(笑)。

 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html
posted by AZ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

あ、決まったのね

■小沢一郎氏、民主党代表に無投票再選(読売新聞 - 09月12日 15:11)

 自民党の総裁選挙を批判しながら自分とこは選挙すらない民主。そしてまた党首が小沢さんのままである民主。
 メール問題の時の対応は拙かったが『対案路線』と言う前原さんの姿勢は結構共感できた。ただ小沢さんになって結局また元の『とりあえず反対路線』に戻ってしまった。

 前も書いたかもしれないけど、何故海外の国では二大政党制で政権交代が起きるかと言えば、野党が何でもかんでも全て与党の反対、と言う訳ではないから。場合によっては与党と手を組み、時には挙国一致ぐらいの勢いで与党に協力することもあるから。全て与党に反対の野党ではよっぽどのことがない限り野党を選ぶことなんて出来ないでしょ。早く民主党内のまともな議員は楽な事ではないだろうけど泥舟から脱出することをお勧めします。自民党に入らなくても、第3勢力ぐらいになれば面白い存在になると思うんだけどな。自民べったりの与党ではなく、自民の腐敗なども追及しながら大局では国民のことを考えた政党でいると。

 あ、ちなみに民主党の議員に対して批判したり疑問を投げかけたりすると「あなた頭おかしいでしょ」「あなた、あたまおかしいですよ」「病院にいったほうがいいんじゃないですか?」「病院に行ったほうがいいですよ」とありがたいアドバイスを頂けますが。

 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html
posted by AZ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

胸を張れる勝利

 (引用開始)

<高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝

 秋田市の秋田県立こまちスタジアムで22日に行われた第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、大量リードした本荘の尾留川徹監督が七回表、雨天ノーゲームを避けるために、打者に対して故意に三振するよう指示した。県高野連は同日、同校野球部に対しフェアプレーをするよう指導し、始末書提出を求めた。
 問題のプレーは、本荘が12―1とリードした七回表の攻撃中、1死二塁の場面で起こった。県高野連によると、尾留川監督が打者に三振するよう指示、打者は明らかなボール球を空振り三振した。県高野連は、本荘の野球部責任者を呼び「アンフェアなプレーがないように」と指導した。しかしその後、三塁に進んだ走者も本盗を狙ってタッチアウト。七回裏の秋田は無得点で、本荘は七回コールド勝ちした。
 県高野連は試合終了後、本荘に対して始末書提出を求めた。秋田の佐藤幸彦監督は試合後、「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」と怒りをあらわにしていた。

 (引用終了)

 これを見て『ONE OUTS』を思い出したのはあたしだけじゃないだろう(笑)。

 まず、これは毎日新聞の記事だが、12−1で負けている秋田高校が、雨天ノーゲームを狙って時間稼ぎをしていた事は書かれていない。この時点で作為を感じる書き方になっている。
 秋田高校は雨天ノーゲームになれば(12−1からの再開ではなく)また0−0からの再試合だから時間稼ぎをし、そして明日の試合にエースが疲れていない状態で登板できるようにマウンドには1年生を送った。その秋田高校の行為についてはなんら触れられておらず、秋田高野連も何も言及していない。もし本荘高校に始末書の提出を求めるならば秋田高校はそれ以上の処分があってもいいはずなのだが。

 この記事(つまり県高野連の行為)にはまず突っ込みどころがたくさんある。まず
>明らかなボール球を空振り三振した
 ことが「アンフェア」だそうだが、だったら一塁走者の盗塁を助けるためにわざと空振りすることもいけないのだろうか。ヒットエンドランのサインが出た時にバッテリーがそれを読んでウェストさせた(わざとボール球にさせること。また同時にキャッチャーも1塁ランナーを刺しやすくなる)ボールに喰らいついてなんとかバットに当てようとしたが空振りしてしまった場合もいけないのだろうか。一所懸命ボール球に当てようとしたのに、力及ばず空振りしてしまった打者は秋田高野連的にはアンフェアなのだそうだ。もしこんなことがアンフェアなのならば敬遠はどうなのだろうか。盗塁はどうなのだろうか。試合終盤に勝っているチームのピッチャーが次の回の投球のためにわざと空振り三振することはどうなのだろうか。隠し球は?ノーアウト1塁、小フライをノーバウンドで捕らず、わざと落としてダブルプレーを取る行為は?同点の9回裏ワンナウト3塁。レフトへの大きなファールフライ。捕れば当然タッチアップで負けになる。そんな時わざとファールを捕らない行為は?そもそも全力でバットを振らずバットにボールを当てるだけのバントは。

 この試合はまさにONE OUTSと同じで、7回12−1で雨が降ってきた時点で勝っているチームは『いかにアウトを取られるか(つまり出来るだけ早く試合を進行できるか)』、負けているチームは『いかにアウトを取らないか(いかに時間を稼げるか)』の戦いになっていたんだよ。で、秋田高校は実際時間を稼ぎにきた。これは正しい。7回裏の攻撃だけで1−12から逆転(最低同点)することよりも、明日の再試合で(しかもこちらはエースを温存している)1回から0−0で始めたほうがはるかに勝率は高い。だから時間稼ぎと言う作戦を(更にはエース温存で1年生をピッチャーに送った作戦を)選んだのは悪くないと思う。だが同時に、その作戦を取った場合には相手が逆に時間短縮のための作戦を取った時にどう考えても相手を非難できないという立場に立つということを理解していない(でも一方だけが時間稼ぎ、或いは時間短縮作戦を取ったとしても非難される筋合いは無い)。それを試合後に、
>「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」
 なんて言うのはみっともないの極致。お門違い筋違いもいいところ。羞恥心という言葉を知らないのだろうか。どう考えても一番の屈辱は12−1でしかない。後はお互い『正々堂々』戦ったのだから。いや、監督がこんなことを言ったのを知った秋田高校の生徒が一番屈辱を感じているのかな。

 またこの監督は本荘高校は勝つために全力を尽くして(しかも正々堂々。まあ、でもまだこれ以上に有効な作戦はあったが)戦ったのに、自分の高校がまだ余力もあったし、他に執るべき作戦があったことに気づいていない。相手がわざと三振してくるのならば投球する時にボールを相手に投げず、投球動作に入ってからその場に落とせばいい。そうすればバッターはボールを振ることが出来ない。同時にボークも取られるからランナーは進むし、ランナーがいなくなれば打者が塁に出る。バッターにボールを振られる心配も無い。
 ではそうなった時打者はどうするか。ピッチャーが投げた時にバッターボックスを代わればいい。ピッチャーが投球動作に入ってからバッターボックスを代わる行為はアウトである。ピッチャーが落球する前にアウトになれるのだ。
 では次にピッチャーはどうするのか。ピッチャープレートを踏まずに投げればよい。ピッチャーがプレートを踏まずに投げる行為は反則である。つまりボール1。で、当然それが続けばフォアボールになる。とまあここまで殆んどONE OUTSの通りに書いたが、つまりはここまで時間を稼ぐための方法はあったのだ(ちなみにこのフォアボールのランナーがアウトになるには1塁へ進まず3塁へ進めばアウトになる)。その努力を放棄して負けておいて屈辱とはどの口が言うのか。少なくとも万策講じたとはとてもではないが言えない。この試合はONE OUTSの主人公渡久地の至言が言うように、『これは頭脳のバトル。より高度な反則をしたほうが勝ち』だったのだ。当然ながら野球は頭が良くなければいけない。その頭を使うことを放棄したチームが敗れる。そして相手より頭を使ったチームが勝つ。極めて当然の帰結だったのである。

 P.S. 本荘高校優勝したみたいですね。本当におめでとう。甲子園でも変な雑音があるかもしれないが全力で頑張ってもらいたいです。あなた達は誇りある勝者です。
posted by AZ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。