2006年10月23日

結局口だけでなく手を出す日教組

 (引用開始)

 asahi.com

君が代演奏妨害、教員の戒告処分を取り消し 北海道

 北海道倶知安町の町立中学校の卒業式で「君が代」演奏を妨害したとして、戒告処分を受けた男性教諭(49)について道人事委員会は23日、処分取り消しの裁決を通知した。裁決では「個人の思想の自由を侵害するもので、処分は懲戒権の乱用にあたる」としている。

 裁決によると男性教諭は01年3月の卒業式で、校長がカセットデッキを持ち込んで君が代の演奏を始めたところ、カセットデッキを持ち去り、演奏を止めた。道教委は同年7月、君が代の斉唱を明記した学習指導要領に従わなかったなどとして、地方公務員法に基づき教諭を戒告処分にした。

 道教委の処分を不服とした教諭が、01年9月に人事委に対して処分取り消しの申し立てをしていた。

 (引用終了)


 また北海道か。

 これは別に個人の思想の侵害がどうのと言う話ではないでしょう。実力行使で無理やりカセットデッキを持ち去ったって話ですから。生徒の事や保護者の事など何も考えずに。

 別にこの赤い教師が君が代が嫌い教の信者だとしてもそれを否定するつもりはありません。それを無理やり否定しようとする事は最大限非難します。ですが今回の場合、思想の自由が公共の福祉を凌駕する事はありません。服務規程を無視していい理由にはなりません。そして何より生徒の一生に一度の晴れ舞台を汚す事が嫌です。サヨ教師にとっては生徒の思い出よりも自分のイデオロギーの方が大事なのでしょうが、そんな人間は教師になるな。せめて自分たちでサヨ学校を作って勝手に洗脳教育してください。サヨ教師とプロ市民の子供しか入らないだろうけど。
posted by AZ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

何かが見えない

 (引用開始)

 asahi.com

出勤は5年間で8日 でも給料はほぼ満額 奈良市職員

 奈良市の男性職員(42)が病気を理由に休職・休暇を繰り返し、5年間の出勤日数が8日しかないことが分かった。給料はほぼ満額が支給されていた。休み中に庁舎に頻繁に出入りしていたといい、市は虚偽申請の疑いもあるとして職員から事情を聴いている。

 市によると、男性職員の最後の出勤は昨年12月23日。今年は年次休暇、病気休暇を相次いで取って1日も出勤していないという。2、4、5、8月にそれぞれ違う病名で診断書を提出、休暇を取り直していた。

 しかし、市の調査で、職員は休み中に庁舎に入り、市発注の工事などを親族の建設会社と随意契約するよう担当職員らに依頼して回っていたことが判明。職員は市に、「個人的な働きかけはしていない。地元の要望をあげていただけだ」と説明する一方、長期の病気休暇・休職については「反省しています」と話しているという。

 藤原昭市長は「虚偽申請の疑いも視野に入れて調査した上で、厳正に対処したい」としている。

 (引用終了)


 大事なのはそれだけじゃなくて、

 (引用開始)

 共同通信

「病欠」職員が交渉出席 奈良、日常的に市役所へ
 病気を理由に5年余りで8日間しか出勤していなかった奈良市環境清美部の男性職員(42)が、この期間に部落解放同盟の幹部として市側との交渉に何度も出席していたことが20日、分かった。
 市人事課は「職員との認識はなかった」とし、解放同盟側は「退職していると思っていた」としているが、市のずさんな人事管理が問われそうだ。
 市人権・同和施策課などによると、職員は2001年9月、部落解放同盟奈良市支部協議会の副議長に就任。市長らが出席する年1回の全体交渉のほか、課題別の交渉や協議のため、日常的に市役所に来ていた。
 同課は「既に退職していると聞いていた。病気をしているように見えなかった」と話している。
 人事課が今月、職員に「(病気休暇は)虚偽の申請ではないか」とただすと、「そのように受け止められても仕方ない。反省している」と答えたという。

 (引用終了)


 上下の記事で、上の朝日の記事には何か大事な事が意図的に書かれていないような気がするのですが(笑)。
posted by AZ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

きれいな虐殺

 (引用開始)

ネパールへ逃げ込もうとしていた無防備なチベット人を中国軍が殺害したビデオについて、中国はコメントを拒否した。

中国外交部の劉建超報道官は、「所轄官庁は既に情報を発表した。外交部報道官としてそれ以上の情報は何も無い」と定例記者会見で語った。

中国の新華社通信は、エベレスト山のそばで兵士が1人に傷を負わせ、1人を殺害したことを認めたが、それは自衛のためで、兵士の説得に従わず攻撃したからだと先週の木曜に発表した。

しかし、ルーマニアのテレビ局は土曜日になって、無防備で逃げるチベットの難民に中国軍が発砲するのを捉えた映像を発表した。それはネパールへ逃げ込もうとした70人のチベット人のグループの中の2人だった。

この場面は、CNNを視聴できる中国国内の主に外国人のビジネスや居住用のビルで放送された時は、中国の検閲によって何度も放送禁止となった。

当局によってこの件の報道はコントロールされ、中国国内ではまったく言及されていない。
(以上抜粋意訳。全文ソース:英文は http://www.smh.com.au/news/world/china-mum-on-film-showing-troops-killing-refugee/2006/10/17/1160850930201.html

 (引用終了)

 最近では日本でも言論弾圧がありますが、



★麻生発言に抗議と撤回要求 '06/10/20

 衆院外務委員会で麻生太郎外相が「(日本が核保有の是非を)議論しておくのも大事なことだ」などと発言したことに対し、広島県原水禁などは19日、抗議と発言の撤回を求める申し入れ書を安倍晋三首相、麻生外相にファクスで送った。抗議文では「現職の外務大臣としてあるまじき発言で、極めて軽率。被爆地ヒロシマの心を踏みにじるもので断じて容認できない」と非難。麻生外相に発言の撤回を申し入れた。

中日新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200610200003.html

● 麻生外務大臣の「日本の核保有論議も大事」発言に抗議(06/10/19)
 http://www3.ocn.ne.jp/~gensui/news/aso-kogi.htm
● 中川政調会長の「核保有論議発言」に抗議 (06/10/17)
 http://www3.ocn.ne.jp/~gensui/news/nakagawa.htm



流石言論統制の本場支那。ホントは社民や共産や朝日なんかもこうやりたいんだろうね。これを大々的に朝日が報じたら見直すけど、そんな事は99%以上無い事は分かって言っているので(笑)、恐らく見直す事は無いです。
 それにしても本当にこんな事を2006年の段階でやっている国でオリンピックやるのかね。1988年の再来とならなければいいけど。それどころか選手の身の安全すら危ういよね。1988年も選手やスタッフが危険な目にはあっているけど(勿論開催国以外の選手スタッフ)それ以上かも。
posted by AZ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

言論弾圧、二枚舌大好き民主党

 (引用開始)

 民主党の鳩山幹事長は、党の「次の内閣」の会合であいさつし、自民党の中川
政務調査会長がいわゆる非核3原則を見直すかどうか議論する必要があると
述べたことについて「絶対に看過できない」と批判しました。
 この中で、鳩山幹事長は「自民党の中川政務調査会長の非核3原則をめぐる発
言はどうしても看過できない。北朝鮮が核を持つなら日本も持ってやり返すん
だというような発想は断じてあるまじきことだ。議論も封印しなければなら
ない」と批判しました。そのうえで、鳩山氏は「このような発想では、日本が核
の拡散の方向に道を開いてしまうことになりかねない。日本は唯一の被爆国で
あり、だからこそ核の廃絶に向けて世界をリードしていくべきだ」と述べま
した。

■ソース(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/17/k20061017000182.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/17/d20061017000182.html

 (引用終了)

 (引用開始)

核武装論議は容認の姿勢」 西村問題で民主・鳩山代表
8:52p.m. JST October 27, 1999
 民主党の鳩山由紀夫代表は27日、東京都内で講演し、核武装をめぐる発言で
辞任した西村真悟前防衛政務次官の問題に絡んで核武装してもいいかどうかを
国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核
をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。
議題
に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と述べ、核武
装の是非を国会で冷静に議論すること自体は容認する考えを示した

 (引用終了)

 民主党は、

>議論も封印しなければならない

と言論の自由がある民主主義国家である日本において議論自体を封殺しようとし、同時に、

>核武装の是非を国会で冷静に議論すること自体は容認する考えを示した

と昔言った事とは真逆のことをのたまう党です。でも良く考えればサヨ全般に言える、『自分たちには何をいってもいい権利(言論の自由とは違って、誹謗中傷も含まれる)はあるけど、意見の違う人たちには言論の自由は無い』と言う新年にはきっちり沿っているんですけどね(笑)。
posted by AZ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ここは支那か

 長いけど引用。

 (引用開始)

 12日の民主党代表選で、無投票再選が決まり、党内に「敵なし」となった小沢一郎氏は、再選を機に政権交代への本格的な戦いをスタートさせる。

 「国家主義的、復古主義的な『思い』ばかりが先行し、深みのある政治思想・理念もない」「格差を是正するための実効ある対策は盛り込まれていない」民主党幹部に先週初め、こんな分析結果を明記した文書が配られた。
 タイトルは「安倍晋三氏の『政権構想』について」。安倍氏が1日に発表した政権構想に対し、党事務局が項目ごとに民主党との違いや論戦のポイントをまとめた「安倍対策マニュアル」だ。小沢氏は基本政策でも、安倍氏の「美しい国」に対抗し「公正な国」を掲げた。

 安倍氏が主張する憲法改正に関しては、「政権与党単独で進めるというのであれば、審議中の国民投票法案を含め、断固戦うことにならざるを得ない」と対決姿勢を強調。アジア外交の項では「小泉内閣によってとん挫したアジア外交をどう立て直すのか、処方せんが示されていない。安倍氏の一方的、楽観的な希望を述べたに過ぎない」と酷評している。

 文書策定は、安倍氏が出馬表明する前の8月29日の役員会で議論された。同党は、今回の政権構想分析にとどまらず、安倍氏の過去の発言や著書の内容の点検作業も急いでいる。

 一方、鳩山由紀夫幹事長は党広報戦略本部に対し、安倍氏の祖父・岸信介元首相の研究を指示した。幹部の一人は「安倍氏は岸氏のやったことをすべて肯定したいだけ」と指摘。別の幹部も「岸氏の業績をすべて否定はしないが、A級戦犯容疑者であり、危険な側面もある。安倍氏が政治的に岸氏のDNAを継いでいるのか、検証する必要はある」と述べた。安倍氏の主張について菅氏は「歴史認識を含め、従来の自民党からずっと右に寄った『保守亜流』。『保守本流』は民主党だ」と語る。同党は「安倍政権」が伝統的な自民支持層でさえついていけない「右寄り」とアピールすることで、穏健な保守層を取り込む狙い。「岸信介研究」もその延長線上にあるようだ。

 小沢氏は12日夜のTBS番組で、政権交代へのシナリオを描いてみせた。「(参院選は)自公の過半数割れの可能性が高い。衆院で3分の2を取っていても政権運営ができず、大きな(政界)再編含みの話にならざるを得ない。それが民主党政権の第一歩だ」。

 政権交代への最初の関門は、10月22日投開票の衆院神奈川16区、大阪9区補選。「安倍政権」発足後初の国政選挙であり負けられない。同党は所属国会議員をどちらかの選挙区に振り分け、全員に選挙区入りを義務づけた。総裁選に追われる自民党を尻目に、議員自身がポスター張りに路地を歩く「超・どぶ板選挙」を展開する。ただ、両選挙区とも自民党前職の死去に伴う「弔い選挙」。「安倍氏へのご祝儀相場」(幹部)も見込まれ、情勢は厳しい。

 小沢氏は8日、党本部で菅、鳩山両氏とともに、党が実施した補選の世論調査結果を険しい表情で見つめた。神奈川では自民候補の先行を許し、前職を擁立した大阪でもリードはわずか。小沢氏は「(大阪の候補は)知名度が高い割に浸透していない。逃げ切れる数字ではない。もっと頑張れ」とカツを入れた。

 同党が、そんな劣勢ばん回の活路と期待するのが、26日召集の臨時国会での「安倍VS小沢」対決。安倍氏に対する小沢氏の「格上感」を演出できれば、補選にも好影響が出るとの読みだ。小沢氏は12日のテレビ朝日の番組で「党首討論はできるだけ多くやりたい」と強調。安倍氏の父・晋太郎元外相との関係の深さを誇示する余裕も見せた。
 逆に小沢氏を「古い永田町の代表選手」と呼ぶ安倍氏は、小沢氏との対決を「新しい自民VS古い自民」と位置づけ攻撃を強める構え。「安倍VS小沢」の戦いは有権者の目にどうに映るのか。(一部略)

 (引用ここまで)


 気になった点をいくつか。
>小泉内閣によってとん挫したアジア外交
 これは完全な言い掛かり。アジアには日本と中東を含めなくても21か国(北朝鮮、台湾を含めれば23)ある。このうち今現在関係が正常とは言えないのは北朝鮮を含めた支那、韓国の特定アジア3か国だけ。それも原因は日本にある訳ではない(正確に言えば日本の売国、売国民マスコミにあるのかもしれないが(笑))。まあ、それに加担したのが売国政党、売国議員かもしれないが。

>(岸氏は)A級戦犯容疑者であり、危険な側面もある。安倍氏が政治的に岸氏のDNAを継いでいるのか、検証する必要はある
 これは完全に危険な思想でしょう。親(祖先)の犯罪(一応ここではこう表現する)が子孫にまで及ぶと言う考え。親が犯罪者だと子供も危険だという思想。DNAと言う部分は政治的な姿勢、と言う意味だと思うけど(と信じたい。もし意味通りにDNAに岸氏の『危険な』政治的姿勢が受け継がれているのでは、と言う意味であれば完全に差別主義者だが)。
 ちなみにもう今更な感もあるが、A級戦犯は全員もはや犯罪者ではない。名誉回復決議が社会党すらも含めてほぼ全会一致で決まっている。そもそもA級戦犯の罪状そのものが東京裁判という勝者のリンチで作られた事後法だから今現在殆どの法学者はあれを裁判だったなんて認めていない。
 ちなみにA級戦犯は28人いたが、その子孫はみんな危険な思想を持った人だという民主党の思想こそが危険だと思う。

>『保守本流』は民主党だ
 この辺はもう冗談の類。売国、反日本流の民主党が何を言う。あ、でも「あなた頭おかしいでしょ」「あなた、あたまおかしいですよ」「病院にいったほうがいいんじゃないですか?」「病院に行ったほうがいいですよ」とありがたいアドバイスを頂けるのも民主党だが(笑)。

 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html
posted by AZ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

あ、決まったのね

■小沢一郎氏、民主党代表に無投票再選(読売新聞 - 09月12日 15:11)

 自民党の総裁選挙を批判しながら自分とこは選挙すらない民主。そしてまた党首が小沢さんのままである民主。
 メール問題の時の対応は拙かったが『対案路線』と言う前原さんの姿勢は結構共感できた。ただ小沢さんになって結局また元の『とりあえず反対路線』に戻ってしまった。

 前も書いたかもしれないけど、何故海外の国では二大政党制で政権交代が起きるかと言えば、野党が何でもかんでも全て与党の反対、と言う訳ではないから。場合によっては与党と手を組み、時には挙国一致ぐらいの勢いで与党に協力することもあるから。全て与党に反対の野党ではよっぽどのことがない限り野党を選ぶことなんて出来ないでしょ。早く民主党内のまともな議員は楽な事ではないだろうけど泥舟から脱出することをお勧めします。自民党に入らなくても、第3勢力ぐらいになれば面白い存在になると思うんだけどな。自民べったりの与党ではなく、自民の腐敗なども追及しながら大局では国民のことを考えた政党でいると。

 あ、ちなみに民主党の議員に対して批判したり疑問を投げかけたりすると「あなた頭おかしいでしょ」「あなた、あたまおかしいですよ」「病院にいったほうがいいんじゃないですか?」「病院に行ったほうがいいですよ」とありがたいアドバイスを頂けますが。

 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50556376.html
posted by AZ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

だから裁判官制度が求められる事になる

 (引用開始)

 電車内での携帯注意に逆恨みした「女性のウソうのみ」

・1999年9月にJR中央線の電車内で痴漢をしたと突然申告され不当に逮捕、拘置されたとして東京都国立市の元会社員の男性(64)が国と都、被害を申告した女性に計約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が2日、東京高裁(安倍嘉人裁判長)であった。男性は「女性のうそをうのみし、いきなり逮捕した警察官の横暴で取り返しのつかない日々を失った」と意見陳述した。

 男性は約20日間拘置後、不起訴処分(嫌疑不十分)となり、02年4月に「電車内で携帯電話を使用していた女性に注意したところ、逆恨みされ、痴漢と申告された。無実なのに逮捕、拘置された」などとして提訴した。

 今年4月の一審東京地裁八王子支部判決は、女性の申告を信用できるとして痴漢行為を認定して請求を棄却。男性が控訴した。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_08/t2006080228.html

※元ニューススレ
・【裁判】 「(女子大生が)携帯を注意された程度で、痴漢のウソ申告するとは考えにくい」判決で、男性が控訴"男性は1999年9月、都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕され「電車内での携帯電話を注意したことへの腹いせに、女性が虚偽の申告をした」と訴えていたが、八王子支部は10日の判決で「女性の証言は具体的で信用性が高く、原告が痴漢行為をしたと認定できる」と判断した。"
  http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1145348196/

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1154511061/

 (引用終了)

 この事件以前も書きましたっけ?この事件は刑事訴訟では男性の無罪が出たんですよ(と言うか起訴すら出来なかった)。でも何故かこの裁判では「女性の申告を信用できる」として男性の請求を棄却。
 この裁判官は、
>(女子大生が)携帯を注意された程度で、痴漢のウソ申告するとは考えにくい
 と言っていますが、世の中には、ホームでぶつかりそうになっただけで、自分がそれまで使用していたアイロンこてを
おしつける女もいれば、「進路をふさがれて邪魔だったので」と言う理由で前を走っていた軽自動車に自分の運転している自動車をぶつけて故意に衝突事故を起こして二人を死亡させた女もいるんですよ。はっきり言って十分すぎるほどの理由です。またこの女は、裁判の途中で、
>こんな大事になるとは思わなかった
 とか言っていたそうですよ。更に、この女の証言の通りだと(身長差があるから)犯行が成り立たないって分かると証言をころころ変えて、それでも通じなくなると出廷サボったらしい。
 ちなみにそのコロコロ変えた証言とは、男性が小柄で更に足があまり長くなく、一方女が長身の上に更にヒールを履いていたそうな。で、女は「お尻に男性の性器を押しつけられた」って証言したが、男性の体格ではどうやっても無理。それで女が「実は太ももに押しつけられました」って証言を翻したが、やっぱりそれも無理。男性の腰の位置は女の膝のあたり、と言うもの。つまり女がかなり腰落とさないと証言通りの事態は起きないが、そんなことしてたら目立ちまくりのはず。なのに男性が痴漢行為をしていたと言う目撃者はゼロ。
 こんな証言をよく裁判官が信じられるものですね。と言うか裁判官だから信じられるのか。もし裁判官制度がすでに始まっていればこの男性は少しは救われていたでしょうね。
 この裁判官は変なイデオロギーに毒されているのでしょうかね。そんな裁判官に当たってしまったのも不運でした。高裁ではちゃんとした判決が出ることを願っています。

 最後にこんな被害がこれ以上出ないようにこの本

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094048014/249-3611969-4993154?v=glance&n=465392&s=gateway

 と、この本

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101012210/249-3611969-4993154?v=glance&n=465392

 をお勧めします。特に裁判官と検察、そして警察には。と言うか裁判官と検察と警察は読め。前にも書いたが、民主主義国家、法治国家においては、100人の犯人を捕まえるためであれば1人の冤罪を出してもいいと言うことは決してない。民主主義国家、法治国家であれば、100人の犯人を逃そうとも1人の冤罪を出してはならないのが大原則なのだ(この場合の犯人(であろう女)はちゃんと被告席に座っていたけれども)。
posted by AZ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

胸を張れる勝利

 (引用開始)

<高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝

 秋田市の秋田県立こまちスタジアムで22日に行われた第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、大量リードした本荘の尾留川徹監督が七回表、雨天ノーゲームを避けるために、打者に対して故意に三振するよう指示した。県高野連は同日、同校野球部に対しフェアプレーをするよう指導し、始末書提出を求めた。
 問題のプレーは、本荘が12―1とリードした七回表の攻撃中、1死二塁の場面で起こった。県高野連によると、尾留川監督が打者に三振するよう指示、打者は明らかなボール球を空振り三振した。県高野連は、本荘の野球部責任者を呼び「アンフェアなプレーがないように」と指導した。しかしその後、三塁に進んだ走者も本盗を狙ってタッチアウト。七回裏の秋田は無得点で、本荘は七回コールド勝ちした。
 県高野連は試合終了後、本荘に対して始末書提出を求めた。秋田の佐藤幸彦監督は試合後、「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」と怒りをあらわにしていた。

 (引用終了)

 これを見て『ONE OUTS』を思い出したのはあたしだけじゃないだろう(笑)。

 まず、これは毎日新聞の記事だが、12−1で負けている秋田高校が、雨天ノーゲームを狙って時間稼ぎをしていた事は書かれていない。この時点で作為を感じる書き方になっている。
 秋田高校は雨天ノーゲームになれば(12−1からの再開ではなく)また0−0からの再試合だから時間稼ぎをし、そして明日の試合にエースが疲れていない状態で登板できるようにマウンドには1年生を送った。その秋田高校の行為についてはなんら触れられておらず、秋田高野連も何も言及していない。もし本荘高校に始末書の提出を求めるならば秋田高校はそれ以上の処分があってもいいはずなのだが。

 この記事(つまり県高野連の行為)にはまず突っ込みどころがたくさんある。まず
>明らかなボール球を空振り三振した
 ことが「アンフェア」だそうだが、だったら一塁走者の盗塁を助けるためにわざと空振りすることもいけないのだろうか。ヒットエンドランのサインが出た時にバッテリーがそれを読んでウェストさせた(わざとボール球にさせること。また同時にキャッチャーも1塁ランナーを刺しやすくなる)ボールに喰らいついてなんとかバットに当てようとしたが空振りしてしまった場合もいけないのだろうか。一所懸命ボール球に当てようとしたのに、力及ばず空振りしてしまった打者は秋田高野連的にはアンフェアなのだそうだ。もしこんなことがアンフェアなのならば敬遠はどうなのだろうか。盗塁はどうなのだろうか。試合終盤に勝っているチームのピッチャーが次の回の投球のためにわざと空振り三振することはどうなのだろうか。隠し球は?ノーアウト1塁、小フライをノーバウンドで捕らず、わざと落としてダブルプレーを取る行為は?同点の9回裏ワンナウト3塁。レフトへの大きなファールフライ。捕れば当然タッチアップで負けになる。そんな時わざとファールを捕らない行為は?そもそも全力でバットを振らずバットにボールを当てるだけのバントは。

 この試合はまさにONE OUTSと同じで、7回12−1で雨が降ってきた時点で勝っているチームは『いかにアウトを取られるか(つまり出来るだけ早く試合を進行できるか)』、負けているチームは『いかにアウトを取らないか(いかに時間を稼げるか)』の戦いになっていたんだよ。で、秋田高校は実際時間を稼ぎにきた。これは正しい。7回裏の攻撃だけで1−12から逆転(最低同点)することよりも、明日の再試合で(しかもこちらはエースを温存している)1回から0−0で始めたほうがはるかに勝率は高い。だから時間稼ぎと言う作戦を(更にはエース温存で1年生をピッチャーに送った作戦を)選んだのは悪くないと思う。だが同時に、その作戦を取った場合には相手が逆に時間短縮のための作戦を取った時にどう考えても相手を非難できないという立場に立つということを理解していない(でも一方だけが時間稼ぎ、或いは時間短縮作戦を取ったとしても非難される筋合いは無い)。それを試合後に、
>「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」
 なんて言うのはみっともないの極致。お門違い筋違いもいいところ。羞恥心という言葉を知らないのだろうか。どう考えても一番の屈辱は12−1でしかない。後はお互い『正々堂々』戦ったのだから。いや、監督がこんなことを言ったのを知った秋田高校の生徒が一番屈辱を感じているのかな。

 またこの監督は本荘高校は勝つために全力を尽くして(しかも正々堂々。まあ、でもまだこれ以上に有効な作戦はあったが)戦ったのに、自分の高校がまだ余力もあったし、他に執るべき作戦があったことに気づいていない。相手がわざと三振してくるのならば投球する時にボールを相手に投げず、投球動作に入ってからその場に落とせばいい。そうすればバッターはボールを振ることが出来ない。同時にボークも取られるからランナーは進むし、ランナーがいなくなれば打者が塁に出る。バッターにボールを振られる心配も無い。
 ではそうなった時打者はどうするか。ピッチャーが投げた時にバッターボックスを代わればいい。ピッチャーが投球動作に入ってからバッターボックスを代わる行為はアウトである。ピッチャーが落球する前にアウトになれるのだ。
 では次にピッチャーはどうするのか。ピッチャープレートを踏まずに投げればよい。ピッチャーがプレートを踏まずに投げる行為は反則である。つまりボール1。で、当然それが続けばフォアボールになる。とまあここまで殆んどONE OUTSの通りに書いたが、つまりはここまで時間を稼ぐための方法はあったのだ(ちなみにこのフォアボールのランナーがアウトになるには1塁へ進まず3塁へ進めばアウトになる)。その努力を放棄して負けておいて屈辱とはどの口が言うのか。少なくとも万策講じたとはとてもではないが言えない。この試合はONE OUTSの主人公渡久地の至言が言うように、『これは頭脳のバトル。より高度な反則をしたほうが勝ち』だったのだ。当然ながら野球は頭が良くなければいけない。その頭を使うことを放棄したチームが敗れる。そして相手より頭を使ったチームが勝つ。極めて当然の帰結だったのである。

 P.S. 本荘高校優勝したみたいですね。本当におめでとう。甲子園でも変な雑音があるかもしれないが全力で頑張ってもらいたいです。あなた達は誇りある勝者です。
posted by AZ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

だから好きさ

 だからテレ東が大好き。

 a83989da.jpg
posted by AZ at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

びびった

 俳優の岡田真澄さんが死去。突然に2chでトピックスを見つけたのであまりにも驚いて思わず「いぃっ!!」と声を漏らしてしまう。
 記事を見ればガンだとか。確かに以前手術をしたと言う事は耳にした記憶がある。ただその後転移があったとか。
 岡田さんは確か70歳くらいでお子様が生まれていて、個人的に本当に嬉しかったのだが、これから先、大変な事もあるだろうがお父様のような男性にしっかりと育ってくれる事を心より期待したい。
 まずもって心よりお悔やみ申し上げたい。そしてファンファン大佐に敬礼。
posted by AZ at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。